真空技術 ラボ用スチームジェット真空ポンプ

ラボ用スチームジェット真空ポンプタイプ ldp1 は、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、パイロットプラントや小規模生産プラント、化学研究室、真空プラントなど使用されます。

当社のスチームジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

ラボ用スチームジェット真空ポンプは、化学プラント、パイロットプラント、および小規模な生産プラントの真空生成器として使用されます。ここで、これらのポンプはほとんどの場合、不連続に動作するプロセスや短時間動作に真空を必要とするプロセスに必要とされます。

ラボ用スチームジェット真空ポンプは小型です。大型パッケージは、固定使用する必要がない場合、キャスターが同梱され、短い吸引ラインを介して任意の真空消費装置に簡単に接続することができます。これは、遮断弁などを含む分岐吸引ラインが排除されるため、重要な特徴です。漏れ空気が入る可能性があり、その結果としてプルダウン時間が短縮されます。これは、より高い動作真空度の重要性が増していることを示します。

運転モード

ラボ用スチームジェット真空ポンプは、直列接続された二段式スチームジェットで構成され、液体ジェット真空ポンプによって支援されます。これらのポンプは多段式スチームジェット真空ポンプとは異なり、排出ポンプや大気脚を使用しません。

このポンプ固有の蒸気・冷却水条件は、より長い運転期間にわたって連続動作するように設計された多段式スチームジェット真空ポンプよりも高くなっています。

ラボ用スチームジェット真空ポンプの水消費量は比較的高くなっています。その理由は、多段式スチームジェット真空ポンプが凝縮機能を実現するだけでなく、空気やガスを大気圧に等しくなるまで圧縮 (膨張) も行うためです。淡水必要量は、水再循環を行うことによって低減することができます。

冷却水消費量が重要な要素である場合、ラボ用スチームジェット真空ポンプには完全な水循環システムが同梱されます。このシステムは、貯水槽、モータ搭載ポンプ、水温制御器、自動冷却水供給バルブ、温度計、およびポンプとジェット復水器間の相互接続配管からなります。すべての再循環システム部品は腐食から保護されています。

自動冷却水供給バルブは、水温が許容範囲内に維持されることを保証します。

必要に応じて、ラボ用スチームジェット真空ポンプは水循環システムなしで納品することもできます。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い