粉体処理 不活性ガス充填 (調整気相包装/MAP)

GEA MAP (Modified Atmosphere Packing: 調整気相包装) 技術は、お客様の粉体製品の賞味期限を延ばすために役立ちます。粉体から酸素を取り除き、不活性ガスに置き換えることにより、長期にわたり粉体製品の風味が保たれます。

製品生産に関する変更に柔軟に対応するというお客様の要件通りに、包装システムの機能性もそのニーズに対処できなければならないことを GEA は理解しています。袋を閉じる前に窒素と二酸化炭素の混合ガスで製品を効果的に包むと、賞味期限を 7、8 年延ばすことができます。これは、生産サイクルに合わせた製品の大量保存や、世界中の季節的な需要及び値付けによる利益を考えている企業にとっては理想的なソリューションとなります。

概要

粉体製品は世界中に出荷され、保管期間が延びることが多いため、製品の賞味期限が制限される可能性があり、実際の劣化リスクが存在しています。食品・酪農業界に対して GEA が 20 年以上も提供してきた不活性ガス充填技術を利用すると、お客様は貴重な粉体製品の保管及び出荷の物流に対処することができます。

酸素に敏感な製品は、高い O2 レベルにさらされると、風味の変化が見られる傾向にあります。酸化の影響を軽減するために、充填及び封止前に製品に不活性ガスを添加することができます。これはいくつかの段階で行われます。

充填機の上にあるホッパ内の粉体は、窒素があらかじめ加えられます。通常、これは真空を利用して粉体を搬送する際に、搬送段階で行われます。これにより、残留酸素レベル (RO) が約 1 ~ 2% に下がります。充填システムは、上にあるホッパから、ガスが添加された粉体を充填する前に袋を窒素によって洗い流します。

アップグレードオプション

GEA は現在、非ガス充填機器を購入されたお客様に、次のような MAP の利点を活用するためにプラントをアップグレードする機会を提供しています。

  • 粉体製品の賞味期限延長
  • 幅広い範囲の製品を扱うことができる柔軟性
  • 酸化のリスク低減
  • より高い周囲温度で製品を保管可能
  • より長い保管期間中の風味の改善

GEA の最新製品のすべての GEA 充填機は、MAP を含めるようにアップグレードできます。充填機の変更に加え、アップグレードには粉体供給システムに対する追加の変更が必要になる場合があります。

GEA はこれらとその他の MAP 要件について助言できます。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。