Gas ovens

ベーカリー製品に対して理想的な従来のベーキング法

GEA は、あらゆる要求に応えられるようにオーブンを構成することができ、直接ガス燃焼式(DGF)、放射―サイクロセム式(IC)、間接対流式(CVI)、ハイブリッド式(HYB)など多彩なオーブンをご用意しております。

ほとんどの製品に固有のベーキング要件があり、さまざまな加熱方法、庫内の温度、湿度、滞留時間を必要とします。これらはすべて、製品の最終的な品質と一貫性に影響する可能性がある要素です。当社は、焼き製品のタイプに合わせて、トンネルオーブンの設計、構成、設置を行います(幅最大 2000 mm。ビスケット用、クッキー用、クラッカー用、スナック用など)。

当社のモジュラーデザインでは、製造要件を満たせるように、各ゾーンの加熱システムをカスタマイズできるだけでなく、ゾーンの長さを変えることも可能です。さらに GEA は、産業ニーズに対応するために幅広いピボットオーブンも提供しており、加熱工程の小規模試験や、現場での試験・試作目的による新しいレシピや製品の少量バッチ製造も可能です。

GEA のオーブンは、最新の 3D モデリングとシミュレーターを使って設計されているため、コンピューターソフトウェアを使って新しいソリューションの試験と評価を実施して、詳しい各要素が最適化されているかを確認することができます。GEA オーブンは、高品質の材料と部品を使い、極めて厳格な安全衛生基準を満たした状態で製造されます。そのためお客様は、ご自身の製品に対して、信頼性が高く均一なベーキングを確実に実行していただけます。

トンネルオーブン

ベーキングコンベヤシステム

ベーキングコンベヤシステム

GEA は多彩なコンベヤシステムをご用意しており、製品タイプとベーキングプロファイルに適したものをお選びいただけます。コンベヤシステムを、お客様の製品要件と製造要件に合わせて調整いたします。

  • 連続メタルバンドは一般的に、柔らかい生地、クッキー、スポンジなどに使用します。
  • 硬いスイートビスケットやクラッカーには、軽い、または重いワイヤーメッシュコンベヤが適しています。
  • 薄板タイプのコンベヤや、側面チェーンにつなげたワイヤーメッシュは、トレーの上で焼くケーキ、パイ、パティスリーに使用できます。
  • ピザの高速ベーキングには保温ストーンタイルを使用します。
 

省エネルギー

省エネルギー

GEA は、適切な設備とソリューションの開発に常に取り組んできました。つまり、お客様が運営コストの削減と、環境目標とサステナビリティ目標の達成を実現できるように、エネルギーの使用量、無駄、放出量を重視しているのです。当社のオーブンには、消費エネルギーを最大で 30% 削減できるエネルギー回収システムというオプションがあり、これを利用すると、余分な熱を工場の他のエリアで再使用できます。エネルギーをどの程度節約できるかは、オーブン加熱システム、製品タイプ、ベーキングプロファイルなどの要素によって異なります。オーブンの絶縁には高密度ロックウールを採用してオーブン壁面からの放熱を最小限に抑え、自動制御の抽出ダンパーが省エネと環境放出の削減に役立ちます。

連絡先

ご用件をお伺いいたします。

間接対流式オーブン

当社の間接対流式オーブンの特長は強化された対流加熱システムで、高い製品品質と高効率を実現します。このタイプのオーブンは、ソフトとハードのビスケット、クッキー、ケーキ、パイなど、さまざまな種類の製品を焼くために使用します。

間接対流式オーブンのベーキングチャンバーには、ベーキングコンベヤの上下にプレナムダクトが付いており、空気分配システムにファンで熱風を吹き付けます。

間接対流式オーブンの煙の循環
3D設計の間接対流ゾーンの例

温風が専用の熱交換システムを通過するときに加熱され、特殊設計のノズルからベーキングチャンバーに向けて静かに噴出されます。

熱風対流式オーブン
スラットノズルからのエアフローの図(ソフトウェアより取得)

伝熱は主に対流によって実現し、製品の焼き具合の均一性を確保します。ベーキング中に製品と製品が直接接触しないように、燃焼煙が閉鎖システム内を循環します。ガスまたはオイルベースの燃料を加熱に使用できます。

間接対流式オーブンモジュール
間接対流式オーブンモジュール

間接対流式オーブンは多くの場合、湿気除去と製品発色の強化を目的としてハイブリットオーブンの最終部分で使用されます。ベーキングチャンバーからの熱風はファンに戻り、回路を通じて再循環されます。各加熱ゾーンにはバーナーが1つと、製品寿命を最大限に引き出すために空気中の湿度を制御する自動蒸気抽出システムが1つあります。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。