真空技術 ガスジェット真空ポンプ

ガスジェット真空ポンプ gp1 および lvp1 は、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、パイプライン、容器、プラント内部の排気・排出をするために使用されます。このポンプはガスを混合・圧縮するために使用されます。

当社のジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

  • サイフォン装置内部の排気・排出
  • ガス/空気による液体の上昇
  • 遠心ポンプの吸引ラインの排気・排出
  • ガス田のガスを圧縮しパイプラインに送る

運転モード

ガスジェット真空ポンプは、すべてのジェットポンプと同じ原理で作動します。駆動媒体の圧力エネルギーは、駆動ノズルで速度エネルギーに変換されます。

液体または蒸気の代わりに、ガスまたは圧縮空気が駆動媒体として使用されます。これは、水蒸気を利用できない場合、または駆動媒体として圧縮空気またはガスが水蒸気よりも利点がある場合に特に適しています。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い