メニュー

冷凍庫

GEA の冷凍庫:最先端の冷凍技術。GEA の冷凍庫は、最初から設置後も長きにわたり、お客様のニーズを満たします。当社の広く認められた設計及び製造チームは、広範囲にわたるエネルギー効率の良い冷凍及び冷却システムを製造しています。GEA は、豊富な経験に基づき、幅広い製品とプロセスを利用してシステムをカスタマイズします。

冷凍

French Fries & Co 社向けの冷凍

卓越した美味しさのための冷凍技術

Frozen Food_header 3

ベルギーの特産品を起源とするフライドポテトは、今日、サイドディッシュやスナックとして世界中で有名になりました。しかし、脂肪分が多いと言われることもあって、悪い評判があるのも事実です。ですが、このカリッとした美味しさは、そのような評判をはねのけてしまいます。適切に調理されれば、脂肪分は約 13% です。消費者が、あらかじめ揚げて凍結されたフライドポテトを、パッケージの指示に従ってオーブンで調理すれば、その美味しさを約 5% の脂肪分だけで楽しめます。ただし、使用されている脂肪には、人間の健康には極めて重大な影響があります。今では、ほとんどのメーカーが、物議を醸している昔ながらの硬化脂肪ではなく、ひまわり油などの健康的な植物油を使用するようになっています。

フライドポテトの凍結トンネルでは、通常、1 時間に 10 トンから 30 トンの容量を扱い、これはプラントあたり毎日平均 6 百万人分を製造できることになります。油揚器の中で 200 °C (392 °F) の油で揚げられたフライドポテトは、95 °Cから - 18 °C (203 °Fから - 0.4 °F) に製品の温度を下げる冷却および冷凍トンネルに進みます。このフライドポテトの冷凍に要するエネルギーが凍結のコストの大部分を占めています。この規模の企業にとって、エネルギー消費量の低減は最重要課題です。さまざまな生産プロセスに適応した冷却および凍結システムは、GEA が提供する予測制御システムなども活用し、エネルギー消費を最小限に抑えます。フライドポテト向け GEA IQF トンネルの場合では、予備冷却から凍結まで、さまざまな温度帯で処理します。最初の予備冷却部分には、一般的に冷媒としてアンモニアを使用する熱サイホンコイルが使われています。蒸発凝縮器での凝縮後、コイルでアンモニアが蒸発します。このとき、冷媒ガス圧縮機を使用しなくても、フライドポテトを 95 °Cから 50 °C (203 °Fから 122 °F) に冷却するのに十分なエネルギーが発生します。このプロセスでは、実質的にエネルギーを必要としません!次の予備冷却部分には、プラントから水が供給される熱交換器が含まれます。このコイルを循環している間、水は 15 °Cから 22 °C (59 °Fから 71.6 °F) に加温され、一方でフライドポテトは 50 °Cから 30 °C (122 °Fから 86 °F) に冷やされます。これにより、工場の温水システムでのエネルギーが節約されます。さらに、そのプラントでの冷却および凍結で発生する廃熱は、GEA Refrigeration Technologies のヒートポンプ技術を利用し、プラントの他の部分で使用できるように、水を 30 °Cから 80 °C (86 °Fから 176 °F) に温めます。これで、エネルギーが最大 30% 節約できます。1 時間あたり 18 トンのフライドポテト生産ラインでは、年間約 500,000 ユーロの節約になります。

しかし、このスマートな省エネ技術は、お金の節約になるだけではありません。デザイン設計においても、開発者がシンプルな保守と衛生性を考慮しているので、その点からも効率的となっております。GEA の冷凍庫は、他のタイプの冷凍庫より清掃時間を最大 40% 短縮できるように設計されています。この時間の節約につながっている理由には、清掃しやすい滑らかな表面や、全体に接合部や溶接接続をなくしたステンレススチール製の構造があり、埃が溜まりにくいためです。これには、ユニットフロアだけでなく内部構造も含む全体の密閉性が関係しています。さらに、ユニットのフロアには傾斜が付けられ、全構造が溶接スタッド上に施工されているため、液体はスムーズに流れていきます。

ピザ用のトンネルおよびスパイラル冷凍庫

Pizza

ピザは、世界全体を見渡しても、典型的なインスタント冷凍食品と言えます。たとえば米国では、毎日約 40 ヘクタールのピザが消費されていると言われますが、これはサッカーグラウンド約 90 面分に匹敵します。冷凍ピザの成功の秘訣は、その多様性です。載せるものは肉、野菜、それともシーフードなど選べるので、ほとんど誰でもお気に入りのピザが見つかります。同じことが GEA の提供するシステムにも言えます。どんな種類のピザが製品ラインナップに含まれているとしても、それに適した冷却および冷凍技術が見つかります。

時として、ピザの生産を実際に開始する前に、ソリューションについての質問が寄せられます。たとえば、ピザのトッピングとして人気のブロッコリの収穫についてです。ブロッコリは、まだ畑にあるうちスで冷却する必要があります。この処理を行わないと、その代謝活動により瞬く間にしおれてしまうからです。cたとえば、個別急速冷凍技術を搭載した GEA IQF トンネルなどがあります。この技術は、果物や野菜の個別冷凍を確実に行い、後で野菜トッピングを機械により簡単に計量し、ピザに載せて配送できます。ただし、当然ながらこの段階の前に、イースト菌入りの生地をこねて成形し、予備べークしてから冷凍野菜や下に敷いた肉などがすぐに解けてしまわないように再冷却する必要があります。次のステップでは、ピザが冷凍庫を通ります。入り口温度は 45 °C (113 °F) から 100 °C (212 °F) の間で、ピザの種類によって異なります。生産プロセス終了時の温度は、常に - 18 °C (- 0.4 °F) です。冷凍庫は製品を緩衝ケースに包むために - 25 °C (- 13 °F) にまで冷却します。緩衝ケースに包むことで、軽量で薄型のインスタント食品は、梱包している間に指定の - 18 °C (- 0.4 °F) となります。ピザの業界では、生産能力の高い設備を使用した 1 日に 3 交代制の勤務シフトの生産が一般的です。当然ながら、コスト効率の良い作業は、故障の際にも大きな影響を受けない、高性能で長寿命のシステムがあってこそ可能となります。そういったソリューションの 2 つの例として、冷凍能力毎時 12 トンの GEA E-Tec および GEA A-Tec ダブルドラムスパイラル冷凍庫が挙げられます。

この規模の生産量になると、ダウンタイムが発生すれば大きな金銭的損失につながります。もちろん、最も信頼性の高いシステムでも、定期的な保守は必要になります。保守の技術師が作業しやすいように、駆動システムは機器本体の外側に取り付けられています。さらに、GEA は要望があれば逐次霜取り機能 (SD) 付きの冷凍庫も提供できます。これらのソリューションでは、各機器が中断なく 6 日間連続の作動が可能です。また、清掃は常にすばやく効率的に行える必要があります。このことは、基本設計から始まっています。滑らかで継ぎ目のないステンレススチール製の構造で、初めから埃が付着しにくい構造となっております。一体型の自動洗浄システム (CIP) により、水の節約にもなる特別な再循環システムとともに、確実な衛生性を守っています。

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ