メニュー

食品と乳製品

GEA の噴霧乾燥機は、食品および粉乳生産用の最も厳しい基準を満たすように、注意深く設計されています。

粉乳の最先端スプレー乾燥

GEA では、厳しい乳製品処理規制に準拠し、安全性とプラント性能の最高水準に適合する噴霧乾燥プラントを設計しています。当社では、多様な品揃えの設計でスプレードライヤーを提供すると同時に、最適な運転および非常に特殊な製品成分と性能に対する要件を満たすようお客様との連携を図りつつ、各プラントを構成します。

最適な粉末性能

粉乳は一般的に、乾燥プロセス時に凝集状態でつくられ、バルク密度や湿潤性のような特殊な物理的特性が与えられます。しばしば lecithination と組み合わされ、このプロセスで消費者が水の中で簡単に再構成できる粉末構造を生産します。GEA社のスプレー乾燥技術は、それぞれの求められる製品特性の修正を図る、または、最適化を図るよう構成することができます。粉乳は一般的に、乾燥プロセス時に凝集状態でつくられ、バルク密度や湿潤性のような特殊な物理的特性が与えられます。しばしば lecithination と組み合わされ、このプロセスで消費者が水の中で簡単に再構成できる粉末構造を生産します。GEA社のスプレー乾燥技術は、それぞれの求められる製品特性の修正を図る、または、最適化を図るよう構成することができます。

GEA NIRO® MSD®スプレードライヤーは最高品質の凝集状および非凝集状加工製品向けに良く知られており、乳製品および栄養調整製品業界でゴールドスタンダードとなっています。

GEA Multistage Dryer, MSD™

プラントの最適化

GEA社のスプレードライヤーは最長4 週間、連続稼働を続けることができることで、毎日クリーニングの必要がある蒸発とドライヤー供給システムが引き立っています。補完的な蒸発システムと供給システムをプラントに追加すると、本スプレードライヤーは最初のセットがクリーニングされている間でも、二次エバポレータと供給システムのおかげでフル稼働することができます。これにより、毎日3~4時間余分に稼働し、プラント全体の生産量を15~20% 高めます。これにより、ドライヤーの始動/停止シーケンスが減少し、堆積物のリスクが減少するため、ドライヤーのクリーニング頻度が減少し、結果的に、ドライヤーの製造のための利用可能性が増大します。

GEA社は完璧なスプレー乾燥室の開発に、計算流体力学 (CFD) シミュレーションやその他の最新設計プロセスを応用してきました。最適化された乾燥状態は、プロセスへ必要とされる空気とエネルギー量を削減するだけではなく、乾燥室の壁に粉末が堆積するリスクを下げ、結果的に、クリーニングの必要が削減されます。最適化された熱回収のような機能もまた、エネルギー効率を向上させる一因です。一例はスプレードライヤー用の主な乾燥エアを予熱するエバポレータ冷却水の使用です。GEA社は完璧なスプレー乾燥室の開発に、計算流体力学 (CFD) シミュレーションやその他の最新設計プロセスを応用してきました。最適化された乾燥状態は、プロセスへ必要とされる空気とエネルギー量を削減するだけではなく、乾燥室の壁に粉末が堆積するリスクを下げ、結果的に、クリーニングの必要が削減されます。最適化された熱回収のような機能もまた、エネルギー効率を向上させる一因です。一例はスプレードライヤー用の主な乾燥エアを予熱するエバポレータ冷却水の使用です。

当社の革新的なスプレー乾燥技術には SANICIP™バグフィルタもあります。これらの液体洗浄可能フィルタは、スプレードライヤーの排気から粉末をより多く回収することができるため、排出を最小限に抑えるだけでなく製品回収を最大限に増やし、効率の良いクリーニングを確実に行います。プラント全体の効率を高め、操業コストが削減されます。

GEAのプロセス設計と運転ノウハウを組み合わせた高度なデジタルソフトウェアソリューションを噴霧乾燥装置に構築して、製品品質要件が一貫して満たされるようにし、また効率の向上とエネルギーと資源の消費量削減に貢献します。

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ