ダブルシートバルブ VARIVENT® Mixproof ダイバートバルブ Y & Y_L

VARIVENT® mixproof ダイバートバルブは、パイプラインでの液体の配送、たとえば 1 つのパイプラインから他の 2 つのパイプラインに液体を送るなど、2 つのうち 1 つのパイプラインが、mixproof 機能により出口ラインからシャットオフされる必要がある場合などに使用されます。

バルブの機能

バルブが閉じられている場合 (非動作位置)、中央および上部のパイプライン間には常に 2 つの密封が施されます。このポイントで 1 つの密封が不完全な場合、その結果として生じる漏洩は、2 番目のパイプライン内の製品と混ざることなく、意図的に漏洩排出口を通って周辺に誘導されます。

中央と下部のハウジング間の遮断は 1 つの密封のみで行われるため、互換性のない 2 つの媒体を分離するのには適していません。この方法により、製品ラインと、洗浄液を運ぶラインの間に混合が生じないようになります。

特殊機能

  • 認定された衛生的な構成
  • 金属ストップ
  • モジュラ原理による柔軟性
  • 立証済みの密封形状
  • Mixproof の分離
  • 2 つのバルブディスクを持ち上げるための、オプションの分離リフティングアクチュエータ
  • 漏洩チャンバを洗浄するための、オプションの噴射洗浄接続部
標準バージョンの技術データ
タイプ Yタイプ Y_L、Y_C
製品に接触する材質1.4404 / AISI 316 L
製品に接触しない材質1.4301 / AISI 304
製品に接触するシール材質EPDM、FKM、HNBR
周辺気温0 から 45 °C
給気圧力6 bar (87 psi)
製品圧力5 bar (73 psi)
製品に接触する表面DN, ODRa ≤ 0.8 µm IPS Ra ≤ 1.2 µmDN、OD
Ra ≤ 0.8 µm
IPS Ra ≤ 1.2 µm
外部ハウジング表面つや消しブラスト
制御およびフィードバックシステム接続 0 (制御トップなし)
アクチュエータタイプ空気圧アクチュエータ空気 / バネ
接続配管材溶接端部
ID粘着性 ID タグ
バルブシートのバージョン固定シートリング
認定A3, CEA3, CE

適用例

一般に、この交換機能付き mixproof バルブは殺菌装置の後の迂回機能に使用されます。

この用途に関して、VARIVENT® mixproof 迂回バルブタイプ Y はドイツ連邦酪農研究センター (キール) によって、殺菌装置の後に使用することが承認されています。

 
サイズ
ダブルシートダイバートバルブ
DN 25 – DN 150
OD 1 インチ~ OD 6 インチ
IPS 2 インチ – IPS 6 インチ

切り替えによる漏れ

軸密封ダブルシートバルブでは、すべての切り替え手順において、下部バルブディスクが上部バルブディスクの中央密封と接触しなかったり、シートリングの軸シート面に到達しなかったりする時間が少しあります。この短時間の間に発生したずれを通って液体が漏出チャンバに浸透し、周辺に流れ出る可能性があります。これを切り替えによる漏れと言います。

漏出チャンバの洗浄

リフティングアクチュエータ (タイプ Y_C、Y_L)

バルブには、特定のパイプを洗浄する間に、個々のバルブディスクを別個に持ち上げることができるリフティングアクチュエータが装備されています。

引き上げられたバルブディスクの密閉部分を洗浄剤が通過し、漏洩チャンバを洗浄して、漏洩排出口を通って周辺に流れ出ます。このように

バルブディスクシールのシール表面など、製品に触れるあらゆる面を清掃できます。

噴射洗浄 (タイプ Y、Y_L)

バルブには、それ自体の上 (タイプ Y)、またはリフティングアクチュエータと並んで追加で (タイプ Y_L)、ランタンの高さに接続された洗浄連結部があります。この連結部により、内蔵型噴射ノズルを使用して、外部ソースから洗浄剤を漏洩チャンバに供給し、(リフティングアクチュエータに加えて) このチャンバを洗浄できます。

その後、洗浄剤は周辺に圧力を加えることなく、漏洩排出口を通って流れ出ます。洗浄はバルブを閉じた状態で行われるため、洗浄中に接触部の密封面に触れることはありません。

連絡先

ご用件をお伺いいたします。