噴霧乾燥機 従来型の噴霧乾燥機

従来型の噴霧乾燥機では、効率が非常に高い方法で、溶液を粉末にします。これは、酪農、食品、および化学産業というさまざまな分野で使用されており、そのパフォーマンスで名声を得ています。

特定の産業の基準および要件に準拠し、乾燥対象の特定製品のために設計されている従来型の噴霧乾燥機は、粒子サイズが 20 ~ 300 my の微粒子を製造します。主に化学産業で使用されますが、食品および乳製品の製造でも貴重なことが実証されています。

乾燥プロセス

従来型噴霧乾燥機の粉末

従来型の噴霧乾燥器は粉末がチャンバから放出される際の含水量が最終であることから、1 段階式噴霧乾燥器とも呼ばれています。

濃縮液の噴霧化は回転式噴霧器または高圧ノズルのいずれかを用いて行われます。乾燥空気が空気分散器を通って高速で投入されるため、噴霧化された濃縮液が最適な状態で混合されます。蒸発は液滴が乾燥チャンバを通過すると同時に瞬時に行われます。

粉末は、空気輸送および冷却システムの乾燥チャンバから収集されます。排気が、残留粒子を除去するフィルタを通過します。製品を最終的に乾燥 / 冷却するため、VIBRO-FLUIDIZER™ 流動床を乾燥チャンバのベースと接続します。この乾燥モードを選択することにより、プラントは 2 段階のドライヤになり、エネルギー消費が改善され、容量が増えます。製品品質が改善される場合もあります。