分離デカンタによる食用油の精製

製油プロセスでは、分離デカンタをプレス油浄化に使用します。葉状ろ過器を使用する従来のホットシードプレスプラントに比べて、デカンタを使用すると、本プロセスのセットアップがはるかに簡単になります。

本デカンタでは、完全な連続運転で、油から固形物が分離されます。固形物は、連続的に排出されるので、リサイクルのためにプレス機に連続的に入れられることになります。

デカンタを使用する場合は、沈殿物の除去と部分的な脱ガムが実行されます。化学精製の場合は、この 2 つの処理ステップの組み合わせの結果だけで充分なことがしばしばです。さらに、GEA のデカンタは、操作および自動運転が簡単で、わずかなスペースしか必要としません。当社のデカンタは、設計が頑丈であるため、最大 105° C の温度で油を処理することができます。製品を駆動室と隔離する外歯車、すべてのベアリングに対する注油、特殊な材料と高品質な耐用性により、GEA の ecoforce デカンタは高温用途および厳しい連続稼動に特に理想的です。

機能と利点

  • 固形物の連続的な分離
  • 低コストによるオートメーション
  • 省スペース
  • 脱ガムを同時実行
  • 堅牢で頑丈な設計
  • GEA ecoforce デカンタの外歯車という概念
  • すべてのベアリングに対する注油

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。