食品成分用の浄化装置

食品成分およびタンパク質業界を対象として、GEA の浄化装置は、藻類の濃縮回収や、大豆、米、エンドウ豆などの植物性タンパク質やアミノ酸を回収するために使用されています。

タンパク質の回収において、GEA の浄化装置は、タンパク質の沈殿における分離液からの回収段階に相当しています。これにより、貴重なタンパク質の生産量が増えるだけでなく、廃水内の COD 値も同時に減少します。廃水処理のコストが下がると共に、生産量が増える – 回収段階ではプロセス全体の効率がかなり増加します。新世代の浄化装置の特長としては、ディスク積層の浄化領域が大きいことにより、特に高スループットを伴う最適な浄化が可能になるというメリットがあります。求心ポンプは、酸素のピックアップがないことを意味する、泡がなく圧力下の浄化済みの液体を排出します。

また、GEA の浄化装置は、すべての藻の凝縮プロセスにも適しています。 特長となっている GEA のハイドロストップシステムでは、固形物の非常に高い凝縮 (最大 30 %) が助長されるので、製品収量が最大化されます。 GEA の水密供給システムを使用すると、当社の浄化装置では敏感な細胞物質の製品が優しく処理されます。 塩水の藻を処理するための耐食性のある材料も、利用可能です。 

食品成分用の GEA 浄化装置も、CIP 対応です。 洗浄目的で、それらは CIP 法の通常の媒体により流されます。削除された残渣は、ボウルの固形物の入るスペース (それらが排出された場所) に集まります。 排出プロセスにより、別のフラッシング効果がディスク積層に生まれ、これにより化学洗浄プロセスの効率が改善されます。

最高レベルの機械的分離が望ましい場合は、フラットなベルト駆動ではなく統合直接駆動付きの当社の食品成分用浄化装置を使用できます。 GEA の直接駆動では、効果の点で改善をかなり実現できます。 駆動に関する当社の革新的な概念により、直接電力伝送によって摩擦損失が減ります。 駆動を分離器に統合するというソリューションでは、スペース要件が最大 35 % 削減されました。 統合型設計では、ギアやベルト駆動といったコンポーネントが使用されません。 また、直接電力伝送では、低磨耗運転に連動して騒音レベルが大幅に低下しました。

機能と利点

  • 分離に関する最高の結果
  • 食品グレードの設計と FDA 承認のガスケット
  • CIP 対応による衛生に関する最高の需要
  • 製品の丁寧な取り扱い
  • 直接駆動設計で利用可能 

ご用件をお伺いいたします。

関連サービス製品

常に改善

GEA PerformancePlus

GEA PerformancePlus offers customers service level options that extend way beyond routine preventive maintenance and complement customer Industry 4.0 strategic efforts.

GEA Service に関する情報を収集