真空技術 エアジェット真空ポンプ

エアジェット真空ポンプのタイプ lvp1 は実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、駆動媒体として蒸気を利用できない場合に使用されます。

当社のジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

  • スチームジェットのために蒸気を駆動媒体として利用できず、40 ~ 5 mbar の真空を発生させるために真空ポンプが必要な場合。
  • エアージェットポンプの駆動エアを制御するのに十分な吸入能力を持つ液封式ポンプが利用可能であり、40 mbar 未満の吸引圧力を作り出す必要がある場合。
  • 40 ~ 5 mbar の真空を生成する必要があり、低い資本コストで簡単に設置できることが重要な場合。
  • 液封真空ポンプの消費電力が比較的少ないため、吸入圧力 40 ~ 50 mbar で小さな吸引力しか必要とせず、低温の冷却水が利用可能である場合。

運転モード

エアジェット真空ポンプは駆動媒体として大気中の空気を使用します。50 ~ 100 mbar の中間真空を作り出す液封真空ポンプに支えられて、エアジェット真空ポンプは 5 mbar の吸引圧力に達することができますが、設計と運転条件によって異なります。

低エネルギー消費量が重要な場合には、凝縮器を備えたスチームジェットポンプを液封真空ポンプの吸入側に接続することをおすすめします。それによって、ジェットポンプの駆動媒体 (蒸気) が凝縮され、エアジェットポンプの場合のように液封真空ポンプに負荷をかけません。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い