INLINE FORMULA™ シリーズ 高せん断インラインミキサ

INLINE FORMULA™ 高せん断ミキサは、既存の生産ラインを向上、または既存の機械装置を交換するユニットとして容易に導入できる固有の多用途システムをベースにしています。

カスタマイズされたマルチロータ、INLINE FORMULA Mixer は、下部にミキサが取り付けられた容器以上の機能があります。製品の均質性を実現する高せん断力の混合ヘッドと、下流プロセスへの供給圧を有効にする遠心分離ポンプを組み合わせています。

INLINE FORMULA™ Mixer は 2 通りのセットアップで利用できます。

混合処方 Testmixer
混合処方 Testmixer

ワンパスプロセスは短時間で溶解する必要がある可溶性の高い粉末を使用する場合によく使われますが、油、ガム、フレーバーなどで大量の粉末を乳化する必要がある場合にはマルチパスプロセスが使われます。

プロセス容器は次のような各オプションとともに提供できます。

混合処方インライン
混合処方インライン
  • ディンプルジャケットを介した加熱/冷却
  • 製品のガス抜きを行う真空
  • 粉末投入用の真空機能

インライン混合の一般的な用途は次のとおりです

  • ジュースなどの飲料やソフトドリンク生産用の炭酸水
  • 液体食品
  • 再結合された乳製品

INLINE FORMULA™ Mixer を使用することから得られるメリット:

  • 下流プロセスと組み合わせたインラインで稼動できる連続プロセス
  • ジャストインタイム生産 - 必要になった時点でバッチを準備
  • 後続処理を開始する前の混合製品の貯留時間はゼロまたは短時間
INLINE FORMULA™ Mixer の排出は、貯蔵タンクに対して直接行われ再循環されるか (ワンパスプロセス)、循環中に貯蔵タンクに対して二重循環ループとして行われます (マルチパスプロセス)。
 

INLINE FORMULA™ SOL1

INLINE FORMULA™ SOL1 は液体に大量の粉末を溶解する目的で専用に設計されています。SOL1 には下部に取り付けられたミキサがあり、真空機能を介して粉末が投入されると数分で均一な粉末ブレンドを生成できます。

INLINE FORMULA™ SOL1 の特長:

  • 短い処理時間
  • 真空溶解機
  • ガス抜き

標準機能:

  • 高せん断力混合
  • 上部の給水口
  • マンウェイハッチ
  • 真空
  • CIP 対応

オプション:

  • 直接加熱
  • 間接加熱
  • 冷却
  • ミキサの周波数インバータ
  • 漏斗
 

INLINE FORMULA™ SOL2

INLINE FORMULA™ SOL2 は粉末をすばやく溶解し、「フィッシュアイ」や塊を生じさせない目的で専用に設計されています。このミキサは通常、予混合で使用され、粉末は上部から加えられます。SOL-2 にはマンウェイハッチが取り付けられた溶接蓋が設置されており、CIP クリーニングに適しています。50 ~ 6000 リットルの作業能で利用可能

INLINE FORMULA SOL2 の特長:

  • 短い処理時間
  • 2 倍の量のペクチンを溶解
  • CIP 対応

標準機能:

  • 高せん断力混合
  • 上部の給水口
  • マンウェイハッチ
  • CIP 対応

オプション:

  • 直接加熱
  • 間接加熱
  • 冷却
  • ミキサの周波数インバータ
 

INLINE FORMULA™ SOL3

INLINE FORMULA™ SOL3 は粉末をすばやく溶解し、「フィッシュアイ」や塊を生じさせない目的で設計されています。このミキサは通常、予混合で使用され、粉末は上部から加えられます。SOL3 にはマンウェイハッチが取り付けられた溶接蓋が設置されており、CIP クリーニングに適しています。50 ~ 500 リットルの作業能で利用可能

INLINE FORMULA™ SOL3 の特長:

  • 短い処理時間
  • 2 倍の量のペクチンを溶解
  • CIP

標準機能:

  • 高せん断力混合
  • 上部の給水口
  • マンウェイハッチ
  • CIP 対応

オプション:

  • 直接加熱
  • 間接加熱
  • 冷却
  • ミキサの周波数インバータ