メニュー

液体製剤

細菌培養

発酵スタータまたはスタータの培養は、食品および再生可能品からバイオ技術や製薬に至るまで、多岐にわたる産業での発酵プロセスの始動に使用される調合です。

製薬業界では、細菌は抗生物質、ワクチンおよび医学的に有用な酵素を製造する際に使用されます。バイオ技術業界では、燃料、食品、薬剤、ホルモン、酵素、タンパク質および核酸など、人類の存在に有用な細菌の細胞を生物化学的物質の製造に使用し、インスリン、ストレプトキナーゼなどの酵素、インターフェロンや腫瘍壊死因子などのヒトタンパク質といったヒトホルモンの開発につなげています。これらの製品は、さまざまな病状や、糖尿病、心臓発作、結核、AIDS および SLE (全身性エリテマトーデス) などの疾患の治療に使用されます。

培養、処理、採取

スタータ培養は、予測可能で再現できる量と質の特性を持つ最終製品を実現するために、未定義の実験的製造種から派生します。スタータ培養物の製造は 2 つのセクションに分けられます。 

発酵後、培養した微生物と残りの栄養溶液で構成される発酵溶液から細菌を加工して分離する必要があります。まず、細菌は液体段階から分離され、濃縮されます。この加工ステップには、ノズルと自己洗浄蒸気滅菌ディスク分離器を利用できます。 

濃縮された培養物は、凍結乾燥機に送られて乾燥されます。最後に、培養物は気密状態で梱包され、低温保管されます。 

無菌処理

経済的で信頼性が高く、効率的な細菌スタータ培養の処理には、有効培養物を慎重に扱い、滅菌と高い効率性の分離を実現することが前提条件となります。そのため、細胞を目に見える状態に維持する処理槽に製品が入るときに生じるせん断応力を最小限に抑える水密製品供給システムに、GEA の分離器が装備されます。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ