メニュー

Upstream

生成水

大量の貯水池水が油およびガス生産プロセスの副産物として発生します。環境そして構成物も保護するために、この水は処理しなければなりません。処理されない場合、水は海に直接戻すことができず、貯水池の圧力を高めるために再注入目的で使用することもできません。このような方法で構成物を処理する目的は油および未溶解固形物の微量有害物が環境や水による構成物の中に入らないようにすることです。GEA はこのプロセスを、掘削船およびプラットフォームまたは陸上で確実かつ費用効果の高い方法で運転する処理システムによってサポートします。

貯水池と環境を守る

油生産プロセスにおいては、貯水池利用プロセスが進行し、関連する圧力が下がるのと同時に、水を継続的にボーリング孔に注入しなければなりません。適切に処理されていない水は貯水池の気孔を塞ぎ、貯水池を文字通り「殺す」ことがあります。GEA 遠心分離器は極めて微細な粒子の分離を同時に行いながら水の効率的な油除去ができる最適なソリューションを提供します。これによって高い生産量と油田での長期にわたる安全な作業が常に保証されます。遠心分離器は特許取得の自浄式スラッジ除去システムを持つので継続的に運転します。これは生産を中断する必要がないことを意味します。同時に、スラッジの処分費用が最低限に抑えられます。

最大 5 ppm の残留油含有量

生産水の油除去を行う GEA 処理システムは生産水から不要な物質を分離し、オペレータと環境に対する最大限の安全をもって極めて厳しい法的規制に準拠します。一部の地域に対して IMO (International Maritime Organization: 国際海事機関) によって規定されている最大5 ppmの残留油含有量を確実に満たすことができます。

海上および陸上使用に適合

当社の処理設備の重要項目は世界中の数多くの掘削船やプラットフォームですでに使用されている自浄式ディスクタイプ遠心分離器で、そこでは効率的で安定した性能によって納得のいく運転をしています。その直接的な駆動と、船の動きによる影響を受けないという事実により、それらは海上での運転には理想的ですが、陸上用途にも使用できます。特殊な要件によっては、当社の機械は気密性のある爆発防護バージョンで入手することもできます。

処分および運転費用の削減

GEA 処理システムは油生産プロセスで生じた生産水の油除去について信頼できる特別に環境に適合した方法を提供するだけではなく、ユーザに非常に大きな経済的な利益も与えます。処分費用の削減のほか、当社の機械の省スペース設計とそのエネルギー消費の低さは運転費用の大幅な削減に向けて大きな貢献をします。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ