メニュー

Upstream

燃料油

輸送および保管プロセスにおいて、油田産業でディーゼルエンジンやガスタービンの燃料として使用される燃料油は、多くの場合、不純物で汚染されています。これらの不純物はデリケートなエンジン部分に大きな損傷を与え、運転プロセスの安全性を非常に危うくすることがあるので、これらの燃料油は継続的に精製されなければなりません。GEA 処理プラントは世界中の FPSO や生産および掘削プラットフォームで使用されていますが、そこでは極限条件で確実に運転され、それによって発電に使用されている装置が可能な最小限の摩耗で運転されるようにしています。

全自動の主力商品

当社の処理プラントの中核は燃料油から確実に水、塩、固形物を除去し、可能な最大 重力 レベルによって最高の分離精度で容易に高いスループット率で処理することもできる自浄式分離器です。分離器は変化する液体および固形物の濃度に継続的に反応できるだけではなく、そのロバスト設計によって陸上および海上設備の過酷な運転条件に耐えることもできます。このようにして GEA 分離器は 24 時間の自動運転でも最高レベルのプロセス安全性を確保しています。当社のお客様は分離器のエネルギー必要量の低さやコンパクトな省スペース設計による費用効率の高さからさらに利益を得られます。

自動調整によるディーゼルエンジンの最大限の保護

要件に従って標準設計または高レベルの個々の仕様で供給できる当社の遠心分離器に加えて、ポンプやヒータなどの付加的な部品も当社の燃料油処理プラントの製品範囲を補完します。当社は同時にディーゼルエンジンの調整装置によってプロセスをサポートしますが、これらによって燃料油の粘度、温度、温度は自動的に設定でき、エンジンメーカの仕様に正確に対応できるようにします。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ