メニュー

Upstream

掘削泥

掘削液の専門的な処理は、必須の環境保護要件に従いながら完全な掘削プロセスを保証するのに不可欠です。GEA はこのプロセスを高性能遠心分離器の使用で支援しますが、そこではロバストで、柔軟で、使いやすい設計が最も重要です。

掘削には液体が必須

ボーリング孔カッティングは表面まで行わなければなりませんが、同時に掘削ヘッドを保護しなければなりません。このプロセスの間、特殊な掘削液がボーリング孔に継続的に送り込まれます。これらは閉じたシステムを形成しますが、スラッジ、塩水、油残留物に絶えず汚染されます。

重晶石回収が可能

GEA 遠心分離器による掘削液の継続的な処理はスムーズなプロセスシーケンスを保証します。当社の遠心分離器は不要な固形物を確実に分離しますが、こうすることで汚染液が地面や海水を汚染しないようにし、掘削液が恒久的に再利用できるようにします。これらの遠心分離器は比較的高価な重鉱物である重晶石を回収することもできますが、これは掘削液の重量と濃度を増すために加えられます。当社の遠心分離器は非常に柔軟なので、掘削泥の浄化にも重晶石の回収にも利用できます。

ロバストで高い信頼性

掘削液と重晶石は機構と素材に多大な圧力をかけるので、ロバストな設計でなければなりません。これが当社の遠心分離器の駆動装置が、高いスループット率を保ちながら、最初から最大トルクと高速差動用に設計されている理由です。低速で高性能が得られるので摩耗が最小限になります。製品と接触するすべての部品は極めて高い耐浸食性や耐食性を持つ素材からできており、高負荷に耐える摩耗保護によって当社の機械は極限条件でもロバストで信頼性を保ちます。それは例えば巻軸のタイルまで続く硬質金属めっきのコンピュータ制御による正確な肉盛溶接によるものです。

供給条件の変動は日常的に起こるので、当社のデカンタは継続的に調整できる非常に広範な差動域があります。当社の革新的な駆動コンセプトである GEA 加算駆動装置は、実際に必要とされている動力のみを供給するようにし、駆動装置の特別なエネルギー効率の高さを保証しています。極めてシンプルなオペレーティングシステムと組み合わせられた当社の遠心分離器は、極めてロバストで柔軟であり、エネルギー効率がよく、使いやすくなっています。 

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ