メニュー

Industrial fluids

洗浄液の処理

金属加工産業の特定の表面処理プロセスは事前に洗浄液で徹底した洗浄を行うことが必要です。最適な洗浄効果を維持し、生産が継続できるようにするために、混入粒子とトランプ油は早めに分離しなけれればなりません。GEA 分離器はこの作業を行うことができます。

分離器による処理

生産工程の実行において、GEA 分離器は 1 つのステップで油と固体粒子を分離します。システムは、その常に高い洗浄効率と洗浄アルカリ液消費の大幅な削減で説得力を持ちます。洗浄液の寿命は延び、工作機械の摩耗は低減し、機械加工したワークの品質は強化されます。

自動車サプライヤ産業における重要な役割

この浄化プロセスが重要な役割を果たす部門の 1 つは自動車サプライヤ産業です。車両本体部品の生産に最大 2000 トンの押し重量で作動する深絞りプレスが使用されます。圧力と工具とワークの間の摩擦のレベルによって最高 2000 °Cの局部温度が発生します。このため、最大の変形が起こるそれらの領域にいわゆる引抜油が噴射されます。これは高価な工具の摩耗や割れのレベルを低減し、部品の寸法精度も向上させます。さらに処理を行う前に、部品は一連の薬浴で脱脂しなければなりません。トランプ油および金属粒子は、新しくなったグリースの汚染を防止するために、洗浄アルカリ液から継続的に除去されなければなりません。

遠心分離機 - 分離機 OSE / WSE

処分費用の大幅な削減

GEA の分離器はアルカリ液引抜油混合物の処理に適用されます。これらは循環している洗浄アルカリ液を常に清浄に保ちます。同時に、濃縮した引抜油は分離プロセスで回収され、添加物で強化した後、引き抜きプロセスに戻され再生使用されます。これは、油のない洗浄水を特別な油として指定する必要がなく、より安価に処分できるので、サプライヤの処分費用が低減されることを意味します。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ