メニュー

Industrial fluids

含油水の処理

GEA は船のビルジ水の処理について長年の経験があります。開発されたプロセスは陸上で含油水 (例えばタンクの洗浄やビルジによるもの) を処理するのにも理想的です。

5 ppm 未満の残留油含有量 : 純水と同程度に良質

含油水は、海水および冷却水、燃料および潤滑油の漏出、沈降タンクおよびスラッジタンクからの排水、各種浄化プロセスからの廃液、煤や塵の粒子から発生します。含油水を処理するために、GEA は陸上または船上で長年ビルジ水を処理してきたシステムを使用しています。通常の供給条件では、清浄な排水の残留油含有量は 10~12 ppm です。補助凝集物によって油含有量を 5 ppm 未満にすることができます。これで天然水循環路に戻せる純水を効果的に作れます。高額の費用がかかる処分は必要とされません。

油・水

最小限の努力で最大限の効果

さらなる経済的な利益は、有用エネルギー源の回収にあります。分離プロセスから再生利用された油は、例えば、燃料として再使用できます。回収された潤滑油は、熱を発生させるための燃料として使用できます。

システムは自浄式でもあるので、スタッフを増やす必要はありません。一方、例えば沈殿タンクまたはろ過による静的な分離などの代替方法は費用集約的で、定期的な手作業での浄化またはフィルタ要素の交換を必要とします。化学物質も頻繁に必要とされます。これらは費用がかかるだけではなく、環境を損なう可能性もあります。

すべての利点の一覧 :

  • 残留油含有量が 15 ppm 未満 (補助凝縮物の使用で < 5 ppm) 
  • 処分量と処分費用の低減
  • 環境に優しいコンセプト

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ