メニュー

Energy

Fuel oil treatment and conditioning for engine-based power plants

発電所はエネルギー供給を確保する重要な任務に責任を負います。電気であれ熱であれ、24 時間稼動し続けなければなりません。動力がなければ、文字通り何も動かないからです。このため、発電所のすべてのスイッチを「オン」にしておくために、リスク源はすべて排除しなければなりません。このリスク源には特にディーゼルエンジンの油の汚染物質が含まれています。運転の過程で、これらの汚染物質は致命的な結果を引き起こすことがあります。ソリューションは GEA による効果的な処理です。

なぜ燃料の浄化なのか?

ディーゼルエンジンの燃料として使用される軽質、中質、重質燃料油は通常、混合油かまたは精製プロセスで残った油です。これらの残りは一般的に触媒微粒子として知られる、摩耗を促進させる成分の割合が多くなっています。製品はまた、輸送および保管チェーンでさらに汚染物質を吸収することがあります。これらの油が事前に処理されることなくディーゼルエンジンで燃焼したら、注入ノズル、燃料ポンプ、シリンダライナ、およびピストンに重摩耗を引き起こすことがあります。

その結果、以下が起こります。

  • バルブからの漏出
  • 冷却性能の低下を伴う燃焼チャンバのコークス化
  • 腐食
  • 浸食

GEA 分離機を持つ処理システムはこれらの望ましくない結果にストップをかけます。砂、錆、触媒微粒子などの固体異物は自由水と同じように確実に分離され、その結果、外被形成やエンジンの重要な部分が一緒に燃焼するのを防ぎます。シリンダ、ピストン、ノズル、供給ポンプの耐用年数は大幅に延びます。この背景に対して、低質な油でも心配なく燃料として使用できます。

粘度ブースター装置 - サービスタンクとエンジンの間の完全なシステム

 粘度ブースター装置で、GEA はサービスタンクからエンジンへの安全で経済的な燃料油処理を行う完全で適合したシステムを提供します。

粘度ブースター装置はパッケージシステムとして供給されます。それらは 24 時間の無人運転ができるように設計されています。

この装置は必要な注入粘度と温度に関してディーゼルエンジンの白油タンクと注入システムの間の燃料要件を満たします。安定したシステム圧力のために供給ポンプおよびブースターポンプが設置されています。

主な利点 :

  • 作動エンジンの調整が容易
  • 完全な設備の高い可用性
  • 各エンジンに対してHFO (heavy fuel oil: 重質燃料油)/MDO (marine diesel oil: 海洋ディーゼル油) の切り換えが簡単
  • システムが後にアップグレードされた場合、調整が容易

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ