産業における熱回収

世界中で成功を収めている産業企業は、生産プロセスにおいて、製品最適化とコスト削減という 2 つの重要な要素に重点を置いています。もしこれらの両要素を同時に達成でき、さらに二酸化炭素排出量も削減できた場合の相乗的な利益を想像してみてください。GEA は、お客様の施設に産業用ヒートポンプ技術を提供することにより、この実現を支援しています。

なぜヒートポンプなのか?

通常は処理の総コストの約 60 % がエネルギー消費に関連しています。したがって、コスト削減の可能性のある最大の領域がどこなのかは明らかです。GEA は、カスタマイズされた業務用冷却設備を提供しているだけでなく、処理関連の水とエネルギー源を最適化して、大気中への廃熱の放出を防止しています。これにより、お客様の現場でもエネルギーの節約と二酸化炭素排出量の削減を実現できます。  

当社のカスタマイズしたヒートポンプは次の効果をもたらします。

  • エネルギー消費量の最少化
  • 操業コストの削減
  • 二酸化炭素排出量の低下

実際の具体的な機能

ヒートポンプは、CO2 と NOx の排出量の削減において大きな役割を果たします。特に電力供給網については、風力発電と太陽光発電の利用の増加に伴い、次第に脱炭素化が進んでいます。このように、ヒートポンプは国連の持続可能な開発目標にインパクトを与える可能性があります。

ヒートポンプの効果

オランダのマースに設置された GEA ヒートポンププラント
オランダのマースに設置された GEA ヒートポンププラント(写真提供元: RCC K&L)

ヒートポンプでは、廃熱を再利用することで冷凍設備からの廃熱の放出を抑制します。さらに廃熱の効果を高めて、次のような製造工程の別の部分で有効活用します。

  • 洗浄処理、洗浄水処理
  • 加工目的(低温殺菌、脱色、乾燥など)による水の加熱

ヒートポンプ回路

ヒートポンプ回路

ヒートポンプの例

熱の例

上記の日常処理の例では、ゼロ炭素排出策を達成するために持続可能な熱を管理できるレベルを図示しています。

レベル 1: 熱交換器を経由して直接流れるエネルギーを再利用します

レベル 2: ヒートポンプを応用して温度レベルを上昇させます。

レベル 3: 太陽光熱を採取し(太陽熱収集器から直接的に採取、または地熱から間接的に採取)、ヒートポンプで温度を上昇させた後、工程に直接投入します。

ヒートポンプの種類

GEA では、プロセス産業向けにさまざまなヒートポンプを多数取り揃えております。当社は最先端技術を提供し、200 ~ 10,000 kW の範囲でお客様の要件に合わせてソリューションをカスタマイズしています。主要な構成機器は、実績があり品質と効率に優れた GEA アンモニアスクリューコンプレッサとピストンコンプレッサです。