ディーゼルエンジンの燃料調節 粘度ブースターユニット

概要

すべての燃料油が同じというわけではありません。ディーゼルエンジンに適用される要件に粘度が適合しないため、問題は特に重油で発生します。さらに、動作温度と圧力はエンジンメーカーの仕様に可能な限り正確に一致する必要があります。粘度ブースターユニットでは、GEA はディーゼルエンジン向けのさまざまな燃料に合わせて完璧に調整するシステムを開発しました。

最適な条件での効率的なソリューション

粘度ブースターユニット (VBU) は燃料油タンクと提供されるエンジンとの間に設置されます。全自動制御により、油の粘度、温度、圧力はエンジンメーカーの仕様に合わせて正確に調整されます。その結果、油のさまざまな品質がエンジンにマイナスの影響を与えることはなくなりました。燃料として使用する油が何であれ、燃料はエンジンとの互換性が保たれるように VBU で調整されるため、エンジンは常にスムーズに動きます。

すべての要件に対応

エンジンメーカーに応じて、粘度ブースターユニットとの統合にはさまざまな変形が必要になります。

GEA は各種のシステムソリューションを提供することによってこれに対応しています。フィーダポンプ、ブースターポンプ及び重油予熱器、または一つ以上のエンジン用の待機機能の有無に関係なく、お客様のニーズと期待を満たすソリューションを常にご用意しています。当然ながら、すべてのシステムは、最適な性能で動作する主要機器と共に、小型軽量で信頼性があり、設置及び保全しやすくなっています。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。