ダブルシートバルブ Mixproof 遮断バルブ VARIVENT® D、B、R、および D_ / V

VARIVENT® 二重シートバルブは、パイプ接合部での非対応製品の mixproof シャットオフに使用されます。VARIVENT® モジュール式システムの構造は、バルブとプロセスに対して最適に適応させる為に、多くのオプションバージョンを利用できることを意味します。

機能

バルブが閉じられている場合 (非動作位置)、分離されているパイプライン間には常に 2 重の密封が施されます。1 つの密封が不完全な場合、その結果として生じる漏出は、2 番目のパイプライン内の製品と混ざることなく、漏出排出口を通って周辺に誘導されます。これにより、2 本のパイプラインから製品が混ざらないようすることができます。

適用例

各種業界、用途、およびプロセスのさまざまな要件に対応するために、多彩な技術構成が施された mixproof 遮断バルブが製品ラインに加えられています。 

VARIVENT® ダブルシートバルブには漏出チャンバの噴射洗浄機能が備わっており、以下のような危険度の低い分野でよく使用されています。

醸造: 発酵貯蔵室などの低温処理エリア
酪農: 牛乳受け入れ所や生乳貯蔵庫などの熱処理前

VARIVENT® ロングストロークバルブは、フルーツの小片が含まれたヨーグルトなど、比較的大きい粒子を含む製品や、粘性のある製品の移動に使用されます。

特殊機能

  • 認定された衛生的な構成
  • 金属ストップ
  • モジュラ原理による柔軟性
  • 立証済みの密封形状
  • Mixproof の分離
  • さまざまなバルブ構成で使用可能
  • 漏出チャンバを洗浄するための、噴射洗浄接続部

豊富な種類

VARIVENT® Mixproof 遮断バルブ、タイプ B

VARIVENT® ダブルシートバルブにはさまざまなモデルがあるため、プロセスに最適なバルブを選択できます。 

軸密封バルブタイプ D および B では、各切り替え手順の間にわずかな切り替えによる漏れが生じますが、軸密封により、耐用年数は非常に長くなっています。 

放射密封バルブタイプ R には、切り替えによる漏れをほとんど生じることなく、切り替えることができるという利点があります。 

バルブタイプ B および R には、さらに底部バルブハウジングにバランサも装備されています。これにより、低いほうのパイプラインで水撃が発生した場合でも、バルブが確実に閉じられた状態に保つことができます。

 
バルブ選択計画Mixproof 遮断バルブ
用途密封機能タイプ
製品範囲軸密封 (切り替えによる漏れ)モジュラーシステムダブルシートバルブ、タイプ D
製品範囲軸密封 (切り替えによる漏れ)水撃安全装置付きバランサ付きダブルシートバルブ、タイプ B
製品範囲放射密封水撃安全装置付き放射密封ダブルシートバルブ、タイプ R
製品範囲軸密封 (切り替えによる漏れ)粘性製品または大きい粒子を含む製品ダブルシートロングストロークバルブ、タイプ D_ / V
製品範囲、ピグ可能放射密封ピグパイプ
上部
ピグ可能ダブルシートバルブ逆転、タイプ L_H
製品範囲、ピグ可能放射密封ピグパイプ底部ピグ可能ダブルシートバルブ直立、タイプ L_S
ガスブロックおよび
CIP システム
モジュラーシステムダブル密封バルブ、タイプ C
ガスブロックおよび
CIP システム
モジュラーシステムダブルシートバルブ、タイプ K
サイズ
ダブルシートバルブロングストロークダブルシートバルブ
DN 25 – DN 150DN 65 – DN 100
OD 1 インチ~ OD 6 インチOD 2 ½ インチ – OD 4 インチ
IPS 2 インチ – IPS 6 インチ

切り替えによる漏れ

軸密封ダブルシートバルブでは、すべての切り替え手順において、下部バルブディスクが上部バルブディスクの中央密封と接触しなかったり、シートリングの軸シート面に到達しなかったりする時間が少しあります。この短時間の間に発生したずれを通って液体が漏出チャンバに浸透し、周辺に流れ出る可能性があります。これを切り替えによる漏れと言います。 

放射密封ダブルシートバルブでは、切り替え手順の間にこのずれは生じません。このため、切り替えによる漏れは最小限に抑えられます (金属面に製品残余物が付着する可能性あり)。

水撃安全装置

より低いパイプラインで水撃がある場合、低い位置のバルブディスクに水撃の力が及ぼされ、アクチュエータバネのロック力を超える可能性があります。

これにより、パイプラインの圧力によって低い位置のバルブディスクが持ち上げられる危険性が高まります。

軸密封ダブルシートバルブの場合、これによって周辺と繋がり、漏れが生じる可能性があります (切り替えによる漏れを参照)。周辺と繋がると、パイプライン内の超過圧力が一気に減少することもあります。この場合、アクチュエータバネによってバルブが再度閉じられます。

底部バランサのあるバルブでは、低い位置のパイプラインで水撃が発生している間に低い位置のバルブディスクが持ち上がらないようにすることができます。下方に面した補償面を使用して、バランサは圧力の作用方向を調整し、特定の超過圧力に到達するまで低い位置のバルブディスクが移動するのを回避します。

放射密封ダブルシートバルブは常にこの底部バランサに付属しており、低い位置のバルブディスクが開く動きを止めます。

タイプ D、D_ / V、B、R

詳細についてはカタログをご覧ください。

標準バージョンの技術データ
タイプ Dタイプ Bタイプ Rタイプ D_V (ロングストローク)
製品に接触する材質1.4404 / AISI 316 L
製品に接触しない材質1.4301 / AISI 304
製品に接触するシール材質EPDM、FKM、HNBR
周辺気温0 から 45 °C
給気圧力6 bar (87 psi)
製品圧力5 bar (73 psi)5 bar (73 psi)5 bar (73 psi)5 bar (73 psi)
水撃安全装置最大 25 bar30 bar (最大
DN 50、OD 2 インチ、
IPS 2 インチ)
50 bar (最小
DN 65、OD 2 ½ インチ、IPS 3 インチ)
製品に接触する表面DN、OD
Ra ≤ 0.8 µm
IPS Ra ≤ 1.2 µm
DN、OD
Ra ≤ 0.8 µm
IPS Ra ≤ 1.2 µm
DN、OD
Ra ≤ 0.8 µm
IPS Ra ≤ 1.2 µm
Ra ≤ 0.8 µm

外部ハウジング表面つや消しブラスト
制御およびフィードバックシステム接続 0 (制御トップなし)
アクチュエータタイプ空気圧アクチュエータ空気 / バネ
接続配管材溶接端部
ID粘着性 ID タグ
バルブシートのバージョン固定または溶接シートリング
認定EHEDG、A3、CEA3, CEEHEDG、A3、CEEHEDG、A3、CE