UHT プラント

当社は 3 種類の無菌製品処理用の UHT プラントを提供しています

製品の熱処理用の適切な UHT (Ultra High Temperature: 超高温) 処理を選択する際の決定的要因は、製品品質、生産安全性および効率性です。乳製品と他の液体製品の UHT プラントのメーカとして、GEA は長年の経験を振り返ります。UHT プラントの処理能力は、低粘度から中間粘度の処理に対応して 50 ~ 40,000 l/h までの幅があります。また、UHT プラントは、繊維と粒子部分を含む製品の熱および無菌処理を行うこともできます。

どの UHT プラントを選択するかはお客様次第

GEA は、処理される製品、製品品質および効率によって 3 種類の UHT プラントを市場に出しています。

UHT プラント、タイプ I

これらの製品処理プラントは、間接加熱原則に従って動作します。これらのプラントの大きな利点は、このメソッドを利用して、UHT プラントタイプ I は、非常に高い生産安全性を提供します。この処理技術は、長年にわたり成功が立証されています。UHT プラントは、最大 90% の熱回収により、優れた製品品質と高い効率を実現する最適化された流量状態になっています。

UHT プラント、タイプ P

間接 UHT プラントタイプ I に類似している UHT プラントタイプ P は、広範囲にわたって同様の処理技術に基づいています。

その違いは、チューブ式熱交換器タイプ P、つまり加熱される製品間の間接的熱伝導が利用され、冷却される場合には適用されないことです。このプラントタイプの利点は、熱交換表面を拡張する必要なく、なお一層高い効率と製品品質の向上を達成できることです。

UHT プラント、タイプ D

これらの UHT プラントで利用される直接加熱方式は、非常に高い製品品質という利点を提供します。不可欠な蒸気インジェクタとフラッシュクーラは、温度の集中するゾーンでの滞留時間を非常に短くします。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。