真空技術 スチームジェット液体ポンプ

液体ジェット液体ポンプは、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、液体の上昇・搬送に使用されます。

当社のジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

灰汁、酸、なめし溶液、石灰乳、流出水、酒精蒸留残渣、麦芽汁、ビルジ水などの液体化学物質の上昇・搬送。

液体内容物の同時加熱による循環。

運転モード

スチームジェット液体ポンプの 3 つの主な構成機器は、ヘッド、ディフューザー、駆動ノズルです。駆動ノズルから高速噴射されるスチームジェットは、その運動エネルギーを液体に伝送・混合して凝縮させます。このように、液体は搬送されると同時に圧力が上昇します。

このポンプはスチームジェット真空ポンプのように動作し、吸引パイプライン内部の排気・排出をします。そのため、このポンプは自給式です。

様々な要求に応じて、次の 2 つの異なるクラスの標準型スチームジェット液体ポンプが構築されています。

  1. クラス A:吸引高さが最大 1 m まで (密度 ρ = 1000 kg/m³ または送液型) と低く、吐出圧力が高い用途向け。
  2. クラス B:吸込み高さが高く、吐出圧力が約 1.1 bar g の用途向け。

標準型ポンプに加えて、当社はより大きな吸引高さと吐出圧力に対応する特殊構造のポンプも供給します。

 

利点

  • 簡単な設置とサービス
  • 可動部分がないため、摩耗なし
  • 保守不要
  • 優れた信頼性と運転安全性
  • 長寿命
  • 低コスト