真空技術 スチームジェット圧縮機

スチームジェット圧縮機タイプ bv1 は、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、蒸発、蒸留、冷却、結晶化、脱臭、および真空下での脱気、乾燥に使用されます。

当社のジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

スチームジェット圧縮機は、蒸発、蒸留、冷却、結晶化、脱臭、脱気、真空乾燥で使われます。

正圧の範囲で排出される圧縮蒸気を加熱に利用します (ヒートポンプ)。

運転モード

その動作は、駆動ノズルから噴出し、周囲のガスに衝突して取り込み、それらのガスを圧縮して高圧化する液体ジェットがに基づきます (「製品カタログ」も参照)。

 

利点

  • 大量の蒸気、特に高真空範囲で取扱いが簡単
  • 比較的シンプルな構造のため、投資コストが小さい
  • スチームジェット圧縮機としての長い運転寿命は以下を可能にします。
  • 適切な耐食材料による構築
  • 可動部がないために運転上の安全性が高く、低保守

これらの利点との関連で、他の圧縮機と比べて効率性の影響が小さくなります。負荷に応じて、適切な設計と目的で注文製作されるため、高い運転効率が得られます。