GEA standomat standardization unit for cream fat or milk fat

御社の売上の増加分を計算してみましょう!

GEA Standomat MC Plusは、御社のミルク標準化プロセスからより多くのクリームが得られるように、非常に精度の高い制御を備えています。

制御システム

全モデルで、クリーム脂肪濃度は質量流量計の密度測定によって決められます。クリーム脂肪制御は、クリーム流量の変動に影響を受けます。起動、製造、ボウル排出や停止といったさまざまな操作上の条件を考慮した操作手順は、分離機の特有の要件を配慮しています。 

動作の仕組み

標準化に向けて、質量流量計で制御されたクリームの一部が脱脂乳に戻されます。脱脂乳背圧の制御機器はGEA Standomatのベースユニットに組み込まれています。全てのミルクの用途に向けて、分離機へ供給される完全に制御され監視されます。

標準化とは

脱脂乳の代わりに、規定された脂肪分のミルクを製造する場合に、ある一定量のクリームを脱脂乳に戻す必要があります。この操作は標準化と呼ばれています。クリームまたはミルクの脂肪含有量を制御することに加えて、このユニットは添加物の比例混合も可能です。スキミングセパレータは供給される全乳を脱脂乳とクリームに分離します。

ミルクと乳清のための GEA Standomat 標準化

 

御社の売上の増加分を計算してみましょう!GEA Standomat MC plusの技術によって、年間ベースで生産収益性がどのように向上するかを確認してみましょう。

実際の乳脂肪の価格:

www.globaldairytrade.info/en/product-results/anhydrous-milk-fat/

www.milchwirtschaft.de/markt-und-statistik/notierung/  

*計算値や価格は情報提供の一環として表示しているものであり、正確性は保証しません。

解決策を見つけ出します

GEA standomat WC

Standomat WC

本機は乳清クリームの管理専用モデルです。断面は乳清スキミング中の非常に小さいクリームの流れに適合しています。流れを注入するクリームが部分的に再度、循環することで、応答時間を短縮化し、流加速度の変動や生の乳清脂肪量の変動に機敏に対応します。

GEA standomat C

Standomat C

流加速度を変化させてクリーム脂肪の含有量を正確に管理します。製造するのはクリームと脱脂乳に限られます。

GEA standomat MC

Standomat MC

クリームに含まれる脂肪の管理と標準化のために設計されています。本機は、クリーム、脱脂乳、標準化されたミルクと全乳を製造します。

GEA standomat MC plus

Standomat MC plus

クリームに含まれる脂肪の管理と標準化のために開発されています。すぐれた精度により、クリーム、脱脂乳、標準化されたミルクおよび全乳を製造します。もっとも新しい世代のGEA IOと組み合わせ、遠心分離機の性能と稼働率を最大化する安全で信頼性の高い操作性を確保し、目盛り定めの改良により、標準化のプロセスがより正確になり、公差の影響を受けにくくなります。

GEA standomat MCL

Standomat MCL

GEA standomat MC の機能に加え、このモデルは<28%の低脂肪クリームの製造を可能にします(例として10%のコーヒー用クリームなど)本ユニットはクリーム、低脂肪クリーム、脱脂乳、標準化されたミルク、全乳の製造が可能です。

GEA standomat MCFD

Standomat MCFD

チーズミルク、練乳、粉乳の標準化のために特別に設計されました。GEA standomat MCの機能に加えて、乾物に関連して、乳脂肪は管理できます。乾物、そして全乳に含まれる質量%または脂肪量に応じて、クリーム、脱脂乳、標準乳を製造することができます。

GEA standomat MCA

Standomat MCA

GEA standomat MCに加えて、クリーム、タンパク質濃縮物、乳糖濃縮物、またはビタミン溶液といった、追加の液体成分の投入を含みます。これによってクリーム、濃縮した脱脂乳、濃縮した規格ミルク、および濃縮した全乳の製造が可能になります。

GEA standomat MCLA

Standomat MCLA

このバージョンはMCLモデルに基づいています。さらに対応している比率での投入と、追加成分の完全な攪拌添加を実施することもできます。

GEA standomat CMC

Standomat CMC

ミルクを冷やす工程では、牛乳の脂肪分をさらに調整します(標準化)。これにより、クリーム、脱脂乳、標準化されたミルク、全乳を製造できます。

 

型式

使途と管理作業によって、当社のお客様はさまざまなstandomatモデルを選択することができます。 

  • standomat WC
    乳清クリームのための脂肪管理
  • standomat C
    クリームのための脂肪管理
  • standomat CB
    クリームのための脂肪管理に加えて、完全な背面混合(全乳)
  • standomat MCクリームのための脂肪管理に加えて、ミルクのための脂肪管理
  • standomat MCL
    クリームの脂肪管理に加えて、低脂肪クリーム<28%プラスミルクの脂肪管理
  • standomat MCFD
    クリームの脂肪管理に加えて、チーズミルクの乾物管理に含まれる脂肪分
  • standomat MCFP
    クリームの脂肪管理に加えて、ミルクに含まれる脂肪分に対するタンパク質比率の管理
  • standomat MCA
    クリームの脂肪管理に加えて、ミルクの脂肪管理および添加物投与
  • standomat MCLA
    脂肪分調整クリーム(同様に<28%)プラス脂肪分調整ミルクプラス添加物投与
  • standomat CMC
    脂肪分調整クリームプラス脂肪分調整ミルク

上記のバージョンでは、ご利用いただける一部だけを説明しています。お客様個別の用途に対して、GEAはお客様のニーズに合わせてカスタマイズされた解決策を提供します。

技術データ GEA standomat

WCCMCMC plusMCLMCFDMCAMCLACMC
性能 分。5,000 l/h5,000 l/h5,000 l/h5,000 l/h5,000 l/h5,000 l/h5,000 l/h5,000 l/h20,000 l/h
最大値。60,000 l/h70,000 l/h70,000 l/h70,000 l/h70,000 l/h70,000 l/h70,000 l/h70,000 l/h50,000 l/h
mm単位の寸法(長さ×幅×高さ)(現場での組立)(現場での組立)ca.1500x1100x2050ca.1500x1100x2050ca.1500x1100x2050ca.1500x1100x2050ca.1500x1100x2050ca.1500x1100x2050ca.1500x1100x2050
クリームの脂肪分
クリーム脂肪< 28%---
--
-
全脂乳-






牛乳の標準化:-
• • • • • • 
標準化
乾物中の脂肪
----
---
添加物投与------

脂肪クリーム分。15 %25 %25 %25 %10 %25 %25 %10 %25 %
最大値。30 %45 %45 %45 %45 %45 %45 %45 %45 %
脂肪スタンド。分。--0.5 %0.5 %0.5 %0.5 %0.5 %0.5 %0.5 %
最大値。全乳 -0.2%全乳 -0.2%全乳 -0.2%全乳 -0.2%全乳 -0.2%全乳 -0.2%全乳 -0.2%
添加物。分。------0.5%*0.5%*-
最大値。5.0%*5.0%*
注入流量の* /• 含まれる規格

ミルクの標準化工程

温かいミルクでの手順

安定した加工の条件下、一定のシステム稼働によって管理システムは高い性能を保つことができます。システムは、さまざまな分析方法により実施されている可能性がある研究室のテストに基づいて測定されます。そのため、いかなる検証も同じ方法によって実行する必要があります。こうしたさまざまな方法の制度は、結果を解釈するなかで考慮されるべきです。 

標準化のための最大脂肪含有量は、注入する全乳脂肪含有量の0.2%未満です。クリーム脂肪分管理の設定値からの偏差は+/-0.2%です。ミルクの標準化では、この偏差は管理ユニットのすぐ後では、オンラインで0.05%であり、バッファタンクの後では0.025%です。

冷たいミルクでの手順

特に、ミルクの標準化において、乳中の脂肪分を0.5%から4.2%にできるようになっていますが、生乳の脂肪含量は標準乳脂肪含量の0.2%以上である必要があります。標準偏差は+/-0.04%前後です。クリームは最大で40%の脂肪含量まで標準化することができます。ここでの管理偏差は+/-0.4%です。

部分的な均質化

ホモジナイザ Ariete シリーズ

モデルMC、MCL、MCFDおよびMCAは、標準化ミルクまたは全乳の部分的均質化のために調製することができます。これによって、全性能の3分の1のホモジナイザによって、良好な均質化の効果が得られました。

洗浄

GEA Standomatisの自動洗浄は分離機のCIPによって行われます。必要に応じて、余剰のクリームラインの別のCIP用の接続バルブを、ユニットに組み込むことができます。いずれの場合も、standomatMCAの添加物の投与ラインは別のサイクルで洗浄されます。

 

小型のユニット

モデルWC及びCはラックを必要としませんし、個別の組立部品は、分離器接続ラインに現場で取り付ける必要があります。CB、MC、MCL、MCFD、MCAの各モデルは、コンパクトなユニットとしてステンレス製ラックに予め組み立てられている。管理キャビネットとソレノイドボックスはラックに取り付けられています。すべての内部の電気・空圧の接続が設置されています。各ユニットは発送の前にテストされます。

制御

GEA IO 操作画面

GEAIOは直感的な操作に重点を置いた、効率的なプロセスと信頼のおける運転が可能な、すべてのGEA分離機およびデカンタ用の新しい操作パネルです。

管理機能

冗長な情報を持たない論理的なナビゲーションは、すべての遠心機機能の使いやすい操作と安全な監視を可能にします。GEAIOは個別の管理者として、またはオプションのバス通信により作動します。

機器の監督

必要なデータはすべて、システムによりバックグラウンドで継続的に監視および評価されます。GEAIOは、信頼性の高い情報(例えば、速度、温度、振動など。)を継続的にもたらし、必要な場合は、工場の作業員が行動をとれるようにします。

GEA standomatの監視と管理

密度測定、流量測定、投入など、信頼性の高い正確な標準化に必要なすべての機能をGEAIOが正確に監視・制御します。

GEAIOアシスタント

新しいGEAIO管理システムの革新の一つはユーザガイダンス機能です。シンプルさと使いやすさを重視した支援システムが統合されていて、オプションで利用可能となっています。