噴霧乾燥 SPRAY FLUIDIZER™

SPARSPRAY FLUIDIZER™ は、非感熱性の給液 (液体、懸濁液、スラリーまたは溶融物) から固体を凝固することで、無塵で自由流動性の、高密度でコンパクトな細粒を生成するためのソリューションです。

顆粒状の乾燥製品

SPAR FLUIDIZER 製品 1200x675

顆粒状の乾燥製品への需要は増大しています。これは主に、細粒が無塵であり、取り扱いが簡単であるため、ますます厳格になる環境要件にも対応できる点にあります。噴霧乾燥と流動床技術を統合することで、GEA は細粒製品を生成する連続プロセスである SPRAY FLUIDIZER™ を開発しました。このソリューションは、セラミックプロッパント、硫酸塩、塩化有機塩、有機酸などの強度の高い製品を生産する化学産業で効果的です。

乾燥プロセス

SPRAY FLUIDIZER™ は目的の粒子成長メカニズムが積層と給液の同時乾燥である連続プロセスを促進します。この装置は噴霧乾燥と流動床技術を統合します。給液材料が微粒化されると、流動床内で粒子が凝集体または流動化粉末層の細粒に付着する前に蒸発が開始します。

給液はノズルを用いて微粒化され、流動化粉末層に噴射されます。細粒はロータリバルブを通り継続して流動床から回収され、流動化層を一定のレベルで維持します。その後のスクリーニングで目的の粒子径の細粒は装置から排出されますが、サイズが超過した粒子は粉砕され、サイクロンまたはバッグフィルタで回収されたサイズが満たない粒子や微粉と共にリサイクルされます。このようにして、プラントから排出されたすべての製品材料が目的の粒子径を実現できます。

栓流流動床は乾燥と冷却の第 2 段階に適用されます。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。