真空技術 製品主導型スチームジェット真空システム

製品駆動型スチームジェット真空システムは、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、生成物蒸気がジェットポンプの駆動媒体として使用される場合や、水がシステムに入らないことが必須である場合に多く使用されます。

当社のスチームジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

ジェット真空システムは、ポリエステルやナイロン製造プラントで真空生成・維持のために使用されています。

運転モード

ジェット真空ポンプは、通常水蒸気によって駆動されます。水蒸気は簡単に入手でき、適切な駆動媒体であることが実証されています。ジェット真空ポンプ内の駆動水蒸気が凝縮すると、凝縮液が生成されますが、この凝縮液は場合によっては廃棄物とみなされる必要があります。

これは、プロセス中に生成された生成物蒸気がジェットポンプの駆動媒体として使用される場合には避けることができます。駆動水蒸気の凝縮液は、次にプロセスで使用したり、再蒸発させて駆動媒体として再使用することができます。また、生成物蒸気駆動型ジェットポンプは、システムに水が入らないことが必須である場合にも使用されます。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い

生成物蒸気駆動型ジェット真空ポンプは、水蒸気駆動型ジェット真空ポンプと機能的な差異がないので、同じ基本的な利点を提供します。さらに、そのエネルギー必要量は、有機蒸気の蒸発熱が低いため、部分的に、水蒸気駆動型ジェット真空ポンプの場合よりも大幅に低くなっています。