メニュー

膜ろ過システム

クロスフロー膜ろ過は、熱を利用することなく製品の分離または濃縮を行う必要のある多くの産業処理でご利用いただける技術です。この技術は、膜ろ過を活用できる食品、酪農、製薬、バイオ技術及びでんぷんや甘味料産業全体での用途があります。他の分離方法に比べて優れた点には、複数の流れでの正確な分離、特に熱に敏感な製品での損傷リスクの軽減、栄養価や臨床効能の損失がないこと、省エネルギー、廃棄物処理コストの削減、生産量の増大、新製品開発における高い柔軟性などがあります。当社は、世界中に基準サイトを擁する、大型ろ過システムのカスタム設計及び構築の世界的リーダーです。

食品原料およびたんぱく質のクロスフローろ過

生命の基礎的な成分はたんぱく質です。GEA の膜ろ過は、隔離、分離を行うための装置として選ばれる技術であり、この重要な栄養素を商品化します。

beer-food-ingredients-01

たんぱく質は生命に不可欠な栄養素であり、人体組織の基礎的成分の 1 つです。世界の人口が増える中で、肉、魚、植物質から効率的でコスト効率の良い方法でたんぱく質を回収するために、GEA の膜ろ過技術は選ばれています。

廃棄物からのたんぱく質回収

急速に増加を続ける人口が、食料品を効率的に利用できるように、食品加工業界での革新を推し進めました。この目的のため、人体組織の基本成分でもあるたんぱく質を、廃棄物から回収することは重要なプロセスとなり、これは膜ろ過の理想的な用途にもなります。

GEA の膜ろ過技術により、様々な食品原料から高品質のたんぱく質を抽出し、人間や動物に貴重な栄養素を提供することにより、この加工装置は廃棄物から利益を生み出すことを可能にします。

GEA の膜ろ過を使用すれば、肉、魚、植物質から、さらには廃棄物が出ていくたんぱく質を商業ベースで抽出ができます。ほとんどのソリューションにおいて、加水分解と非加水分解により処理できます。

GEA には、世界中でたんぱく質の浄化、予備濃縮、濃縮、灰分除去および精製に関する経験とノウハウを持っています。   また、同様の技術はバクテリアやその他の不純物を、タンパク質から効率的に除去するときにも利用できます。

GEA は以下のプラント向けに提供しています。

  • 動物性原料
  • 植物性たんぱく質
  • 魚類たんぱく質
  • 粘性廃液
  • 食肉たんぱく質
  • ゼラチン 
  • 廃液からのたんぱく質回収

ほとんどのソリューションで、加水分解と非加水分解により処理できます。 

GEA は以下の用途に提供しています。

  • 浄化
  • 予備濃縮
  • 濃縮
  • 灰分除去
  • たんぱく質の精製

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ