メニュー

標準化ユニット

規格化は、正確に指定された値または目標とする値への、牛乳またはクリーム脂肪分の産業調整と定義されます。通常、生乳の脂肪分は、製造されるさまざまな乳製品の脂肪分よりも高くなっています。これらの製品の規格化された脂肪分は通常、最小 0.5 パーセントから最大 3.5 パーセントの範囲になります。

規格乳脂肪分の連続制御に加え、GEA の規格化ユニットは、クリーム脂肪分の連続制御及び添加剤の比例注入も提供できます。

GEA のユニットは、温かい牛乳と冷たい牛乳の規格化に利用できます。

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ