真空技術 液体ジェット真空ポンプ

液体ジェット真空ポンプは実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、真空生成のために化学研究室で使用されます。

当社のジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

ネジ接続式液体ジェット真空ポンプは、真空生成のために化学研究室、例えば真空蒸留・乾燥装置などで主に使用されています。

また、このポンプはサイフォンライン、循環ポンプと復水器 (凝縮器) の吸引ライン内部の排気・排出に使用されるとともに、圧力容器の脱気、および Nutsch フィルターで負圧を生成するためにも使用されています。

運転モード

液体ジェット真空ポンプは、水が駆動媒体として使用される場合、水ラインに直接結合することができます。しかしながら、水の消費量を可能な限り低減する必要がある場合は、駆動水を循環させることもできます。これは、水の代わりに他の液体が駆動媒体として使用される場合にも当てはまります。

作動液の温度は、少量の新鮮な液体を継続的に添加することによって、低く保つこともできます。作動液をさらに冷却することによって、より高い真空度を実現することが可能です。これは、吸引流が凝縮可能な成分、例えば溶剤を含む場合、特に好適切です。そのような場合には、凝縮液を駆動媒体として使用することによって真空ポンプを作動させることができます。

吸引能力ゼロ (ブラインド真空) で得られる最低吸引圧は、その液体の温度に応じて異なる駆動液体の蒸気圧に対応します。

液体ジェットポンプの動作は、高速で駆動ノズルから噴出される液体ジェットが、ジェットポンプのヘッドからの空気、ガス、液体または固体を取り込み、それらを大気圧に圧縮することに基づいています。

ジェットポンプの構造と動作モードの詳細については、「製品カタログ」をご参照ください。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い

液体ジェット真空ポンプタイプ fvp1 は実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、真空生成のために化学研究室で使用されます。

当社のスチームジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

liquid-jet-vacuum-pump-fvp1-01

ネジ接続式液体ジェット真空ポンプは、真空生成のために化学研究室、例えば真空蒸留・乾燥装置などで主に使用されています。

また、このポンプはサイフォンライン、循環ポンプと復水器 (凝縮器) の吸引ライン内部の排気・排出に使用されるとともに、圧力容器の脱気、および Nutsch フィルターで負圧を生成するためにも使用されています。

運転モード

液体ジェット真空ポンプは、水が駆動媒体として使用される場合、水ラインに直接結合することができます。

しかしながら、水の消費量を可能な限り低減する必要がある場合は、駆動水を循環させることもできます。これは、水の代わりに他の液体が駆動媒体として使用される場合にも当てはまります。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い

液体ジェット真空ポンプタイプ fvp2 は実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、真空生成のために研究室、パイロットプラント、製造プラントで使用されます。

当社のスチームジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

liquid-jet-vacuum-pump-fvp2-01

フランジ接続式液体ジェット真空ポンプは、研究室、パイロットプラント、製造プラントにおける真空生成のため、例えば真空蒸留や真空乾燥などに主に使用されます。

また、このポンプはサイフォンライン、循環ポンプと復水器 (凝縮器) の吸引ライン内部の排気・排出に使用されるとともに、圧力容器の脱気、および Nutsch フィルターなどで負圧を生成するためにも使用されています。

運転モード

液体ジェット真空ポンプは、水が駆動媒体として使用される場合、水ラインに直接結合することができます。

しかしながら、水の消費量を可能な限り低減する必要がある場合は、駆動水を循環させることもできます。これは、水の代わりに他の液体が駆動媒体として使用される場合にも当てはまります。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い

液体ジェット真空ポンプタイプ fvp3 は実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、研究室、パイロットプラント、製造プラントで使用されます。

当社のスチームジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

liquid-jet-vacuum-pump-fvp3-01

陶器液体ジェット真空ポンプは、研究室、パイロットプラント、製造プラントで使用されます。

このポンプは、酸性プラントでサイフォンライン内部の排気・排出、真空生成、溶剤蒸気が生成される脱気装置、および Nutsch フィルターでの負圧生成などために使用されます。

運転モード

陶器製ジェットポンプは鋳鉄製保護カバーで守られています。したがって、このポンプは機械的侵襲や化学的侵襲から十分に保護されています。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い