真空技術 液体ジェットミキサー

液体ジェットミキサータイプ fm1 は実証されたジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、液体を混合・循環させるために使用されます。

当社のジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

液体ジェットミキサーは液体を混合・循環させるジェットポンプです。液体ジェットミキサーの用途範囲は、混合される液体によってのみ制限されます。原則として、ジェットミキサーは、混合される液体を遠心分離ポンプによって供給可能なすべての場合に使用できます。

液体ジェットミキサーは、主に容器、貯蔵タンク、中和槽で使用されます。

運転モード

駆動ノズルから噴出される液体ジェットは、ディフューザーのインレットコーン内に部分的な真空を発生させるので、液体流がタンクから抽出され、取り込まれます。駆動ジェットは同伴液体と混ざり合い、その流れを加速させます。ジェットミキサーから噴出する液体混合物は円錐形に拡散し、その周囲からさらに多くの液体を取り込みます。

このようなジェットミキサーを 1 台以上うまく配置すれば、あらゆる含有物を均一に混合する 3 次元フローがタンクに発生します。

ミキサー数の評価では、以下の基準が決定的な役割を果たします。

  • タンクまたは槽の形状とサイズ
  • 混合される液体
  • 混合時間
  • 最大・最小液体レベル
 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い
  • シンプルで信頼性が高い
  • ほとんど摩耗がない