真空技術 スチームジェット真空ポンプ

スチームジェット真空ポンプタイプ dvp1 は、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、大真空容積に対応する用途で使用されます。

当社のジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

スチームジェットポンプは大真空容積に対応できるので、特に真空ポンプとして適切です。

大気圧に逆らって搬送する単段ジェットポンプは、約 100 mbar という低い吸引圧までの真空を生成するために使用されます。

より低い吸引圧では、中間凝縮の有無にかかわらず、多段式スチームジェット真空ポンプが使用されます。

運転モード

スチームジェット真空ポンプは、個々の要求に基づいてオーダーメイドで設計されています。

このように最適な効率を実現しています。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 非常に大きな吸引流でも簡単に対応可能
  • 保守費用の低減
  • 長寿命
  • 高い信頼性と運転安全性
  • 低価格、低運用コスト
  • 様々な構成材料から製造