メニュー

連続造粒ライン

医薬品産業では、連続処理がますます重要になっています。GEA は、連続高せん断力造粒および乾燥ラインである ConsiGma™ でこの革新的な技術を率先して導入しています。

ConsiGma™ 高せん断力造粒および乾燥コンセプトでは、医薬品細粒を連続生産でき、起動時およびシャットダウン時の無駄がありません。このコンセプトでは、バッチサイズの決定要因は処理容器の体積ではなく、実行時間であるため、開発作業と生産作業に同じシステムを使用でき、スケールアップの必要がありません。錠剤の開発および製造において、スケールアップはこれまで常にリスクが大きく、時間とコストがかかる作業でした。今後、プロセス条件に触れることなく、バッチサイズを変更できます。

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ