冷却装置および熱ポンプ GEA RedAstrum

最高の性能、最小限の設置面積

GEA RedAstrum は、高効率加熱ソリューションの需要の高まりを受けて開発された標準的なアンモニアヒートポンプの新シリーズです。

この新世代は、52 バールの用途のために新たに開発された GEA Grasso M スクリューコンプレッサ H、L、M、N に基づく4つのヒートポンプモデルで構成されています。GEA RedAstrum は 55~80°C の温度レベルで熱を熱担体に移動させることで、産業プロセスでの熱利用や、地域暖房ネットワークへの熱供給を可能にします。

主要機能・技術的特長:

  • 最適なパフォーマンス
  • 1 つにまとまったコンパクトな設置面積
  • 天然冷媒のアンモニア (R717)
  • 最大 52 バールに対応できる最高設計圧力
  • 単体のスクリューコンプレッサ/単一工程
  • VSD による連続容量調整
  • 加熱容量は約600~2,000 kW
  • 温水(グリコール)供給温度は最高 80℃
  • 熱源(二次冷媒)入口温度は -7~+40℃
  • 熱源(二次冷媒)出口温度は -10~+37℃
  • 完全に溶接されたシェルと平板熱交換器
  • さまざまな平面材料を利用できる(媒体要件に対応)
  • 必要に応じてサブクーラーの搭載が可能
  • 加熱と冷却の組み合わせが可能
 
GEA RedAstrum
加熱用途(常温レベルでの熱源*)
GEA
RedAstrum

担体(℃)
加熱
容量(kW)
冷却
容量(kW)
COP 1)
加熱
モデル入口/出口3600 rpmライン
GEA RedAstrum HE+40/+70
+70/+80
1120
1000
940
760
5.75
3.85
GEA RedAstrum HG+40/+70
+70/+80
1320
1185
1120
915
5.95
3.95
GEA RedAstrum MH+40/+70
+70/+80
1740
1545
1475
1200
6.00
4.10
GEA RedAstrum ML+40/+70
+70/+80
2000
1700
1700
1305
6.10
3.90
* 二次冷媒入口 +40℃ / 出口 +35 °C
GEA RedAstrum
加熱・冷却混合用途(低温レベルでの熱源**)
GEA
RedAstrum

担体(℃)
加熱
容量(kW)
冷却
容量(kW)
COP 1)
混合
モデル入口/出口3600 rpmライン
GEA RedAstrum HH+40/+657705605.75
GEA RedAstrum LL+40/+658906505.85
GEA RedAstrum MM+40/+6511608555.95
GEA RedAstrum NN+40/+65143010606.00
** 二次冷媒入口 +12℃ / 出口 +6 °C

1) COP = 加熱容量 / 正味電力消費量、COP 混合 = 加熱・冷却混合容量 / 正味電力予消費量