低密相 (希薄相) 真空搬送 - 低密相

低密相または希薄相真空搬送システムは通常、容積式送風機を使用して真空 (最大 50%) を供給し、パイプラインを介して、空気と製品がろ過・分離される受入れ槽に材料を搬送します。 小能力のファンを使用した装置も提供可能です。

製品はパイプラインに直接または供給機器 (ロータリバルブまたはスクリューフィーダ) を介して投入され、計量が必要な場合は流れを一時停止し、粒子径と密度に応じ比較的速い速度で搬送されます。 搬送された製品は受入れ槽から連続的にロータリエアーロックで排出されるか、断続的にバルブで排出されます。低密相または希薄相真空搬送システムは通常、容積式送風機を使用して真空 (最大 50%) を供給し、パイプラインを介して、空気と製品がろ過・分離される受入れ槽に製品を搬送します。 小能力のファンを使用した装置も提供可能です。

用途

低密相真空システムは、低~中容量の材料を複数の地点から単一の目的地まで中程度の距離を搬送する場合に特に適しています。 このシステムは汎用性と応用性に優れ、操作圧が低いため、安価なパイプや継手を使用できます。 この方法は集中真空洗浄システムや製品を複数のサイロから引き出す場合、または真空パイプ網を使い単一の収集場所に製品を搬送する場合、などでよく使われます。
 

仕様

搬送速度: 低~中 (<10 トン/時)
搬送流速: 15 ~ 30 m/秒
搬送距離:     <100 m
エアームーバー: 容積式 (ルーツ型) 送風機またはファン
運転圧力:    <50% 真空
物質空気比: 低~中 (3–15 kg/kg)

注: すべての数値はおよそです。製品の搬送方法については、GEA までお問い合わせください。