高密相 圧力搬送 - 高密相

高密相圧力搬送システムは 1 Barg 超 (粉末および搬送ラインによって 0.8 ~ 0.9 が可能) の圧縮空気を使用して、圧力容器、送り側ユニットまたは圧力ポットから、パイプラインを介して、空気と製品が分離される目的地点まで物質を押し出します。

製品はパイプラインから押し出され、低速で始めて、目的地点に近づくにつれ徐々に加速します。

仕様

  • 搬送速度: 高。最大 100 トン/時以上 
  • 搬送流速: 1 ~ 10 m/s 
  • 搬送距離: 短距離から 500 m 以上まで 
  • エアームーバー: コンプレッサ (スクリュー、ロータリ、レシプロ) 
  • 運転圧力:       <8 Barg 
  • 固体空気比: 高 (最大 150 kg/kg)

    注: すべての数値はおよそです。製品の搬送方法については、GEA までお問い合わせください。

オプション

システムを最適化するために、圧縮空気の消費量と費用を低減するさまざまな技術を使用できるほか、特殊用途向けの追加オプションも提供されています。 

  • 製品を流動化する空気注入により摩擦を低減 
  • 個別の送塊への製品フローを遮断するパルス式空気注入 
  • 搬送を補助するラインブースター 
  • 搬送前に付着性粉末を緩める振動 
  • 連続搬送を提供する 2 連槽 
  • インラインサンプリング、砕塊、金属検出、磁気分離システム 
  • 終端での流速、磨耗、品質劣化を低減する段階式ライン 
  • 衛生性または耐食性を確保するステンレス構造 
  • USDA 3A に適合した脱着可能な研磨加工設計の為、洗浄が容易
 

用途

高密相圧力搬送は、複数の目的地点まで長距離を経て、大容量の物質を搬送する場合に特に適しています。 ほとんどのシステムには複数の空気制御バルブと高圧空気供給機 (適切に流動化されるシステムと併用) が搭載されており、難送物質の為圧力損失が生じた場合でも対応可能です。 また、破砕性物質には速度を制御して搬送し、摩擦性物質を搬送する場合でも耐用年数を延ばせます。

システム

システムは通常、次のようにバッチベースで運転されます。

  • 搬送する製品で送り側ユニットを充填
  • 圧縮空気による加圧
  • 製品が送り出されるまで排出弁を開放
  • 排出弁を閉じ、槽を再充填

プロセス全体を通してバルブとセンサーを用いて、空気圧と流速を制御し、適正な流動化と製品搬送を行います。