GEA 排出抑制技術 GEA サイクロン

プロセス産業における排ガス浄化用の GEA 遠心分離機

収集原理:浄化対象のガスは円筒状の収集チャンバ内の回転流に送り込まれるため、外壁に向け粉塵粒子を放出する強い遠心分離力が生じます。そこからダストホッパーまでらせん状に落ち、浄化されたガスは中央のパイプから排出されます。回収効率は本質的に粉塵粒子のサイズ、粉塵の比重、遠心分離機の幾何学的な比率によって決まります。現在、高い回収効率が要求されているため、遠心分離機は新しく、一般的に粗い粒子の場合や、例えばファン、ボイラーの加熱面、熱交換器を摩耗や付着物の形成から保護し、粉塵負荷を軽減して最終分離を効率化する予備分離としてのみ使用されます。遠心分離機は粉塵のリサイクルシステムといった化学処理技術にも使用されます。効率的に収集できる最小の粒子径は、粉塵の特性に応じて 5 ~ 10 µm です。低圧降下は 6 ~ 20 mbar です。遠心分離機にはサイクロンとマルチクロンの 2 種類があります。

サイクロン

GEA サイクロン

サイクロンは中程度の回収効率に適しています。直径は通常、ガス速度に応じて 0.5 ~ 5 m の範囲ですが、特殊なケースではさらに大きくなります。これらは特に、精密浄化段階の上流側またはファンの前で高い粉塵含有量を削減するために用いられ、1000℃ までのガス温度に合わせて設計できます。

GEA のサイクロンは主に粉塵負荷が高い廃ガスの予備除塵に使用されます。

 

マルチクロン

GEA マルチクロン

マルチクロンは、同じガスでも大型のサイクロンより全体的にスぺースを取りません。構造の種類及びガスのインレットとアウトレットの配置は広い許容範囲内で調整できるため、マルチクロンを既存のプラントに簡単に組み込むことができます。

マルチクロンは並列に配置される多数の収集管 (直径 230 mm) と内側のベーンリングで構成され、含塵ガスの回転を強制します。浄化ガスは収集管から浄化ガスのマニホールドに流れます。これらの管は傾斜した設計なので、マルチクロンの検査時に簡単にアクセスできます。マルチクロン管は大型サイクロンよりも直径が小さいため、強い遠心分離力が得られます。

このため、比較的微細な粒子 (2 ~ 5 µm) であってもキャリヤガスから収集することができます。ガス量は多数の個別の機器に分散されるため、収集表面の粉塵負荷を低減できます。つまり、研磨性の高い粉塵を収集した場合でも長い耐用年数を確保できます。

連絡先

ご用件をお伺いいたします。

マルチクロン

マルチクロンは、同じガスでも大型のサイクロンより全体的にスぺースを取りません。構造の種類及びガスのインレットとアウトレットの配置は広い許容範囲内で調整できるため、マルチクロンを既存のプラントに簡単に組み込むことができます。マルチクロンは並列に配置される多数の収集管 (直径 230 mm) と内側のベーンリングで構成され、含塵ガスの回転を強制します。浄化ガスは収集管から浄化ガスのマニホールドに流れます。これらの管は傾斜した設計なので、マルチクロンの検査時に簡単にアクセスできます。マルチクロン管は大型サイクロンよりも直径が小さいため、強い遠心分離力が得られます。このため、比較的微細な粒子 (2 ~ 5 µm) であってもキャリヤガスから収集することができます。ガス量は多数の個別の機器に分散されるため、収集表面の粉塵負荷を低減できます。つまり、研磨性の高い粉塵を収集した場合でも長い耐用年数を確保できます。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。