粉体容器の処理 袋、箱、ドラム、容器の処理

GEA の容器処理には、粉体充填プラントの多様なニーズを満たすための装置ソリューションが含まれます。これらのコンポーネントは、充填された袋から最終製品保管庫までに至る、完全な処理ラインを提供するために選択されています。

柔軟性のある容器また固い容器に充填される粉体製品は、最終製品の完全性を保証するように慎重に処理される必要があります。したがって、袋、箱、ドラム、容器の処理装置は、充填システムとシームレスに連動するように設計されることが重要です。

下流容器の処理

袋 (柔軟性のある袋または固い容器) は、充填され閉じられると、パレットに載せられるか、最終製品貯蔵庫に送られる前に、処理装置に渡されて処理・品質チェックを受けます。 

下流装置は、お客様の要件を満たすか、既存の充填設備に合せて指定し、構成できます。ライン制御 MCC は、GEA 充填システムに接続され、下流装置の分散制御を提供します。 

この接続により、オペレータは単一のオペレータインタフェースから下流装置を容易に監視し、制御できます。

重量計と袋コーディング装置を連結 (オプション) すると、SCADA システムを使用して、ローカル及びリモートの監視・データ分析が行えます。

GEA が提供できる標準的な容器処理装置には次のものがあります。

  • 袋ターナ - 袋の位置を縦から横 (最初に上部または下部) に静かに変えます。
  • 袋キッカー - 包装ラインコンベアパスが 90° まで回転する必要がある場合に選択されます。袋キッカーは傾いてから、正しい向き (最初に上部または下部) に 90° まで袋をそっと押し出します。
  • 袋フラットナ - 袋コンベア上に装着され、電動ローラを利用して安定したパレタイジングのために袋を準備します。
  • コンベア - 柔軟性のある袋、FIBC、または固い容器の処理用のさまざまな種類
 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。