ノンアルコールビールの生産のための膜ろ過技術 GEA AromaPlus 膜脱アルコール装置

この専用の AromaPlus システムは、小規模から大規模までの供給量に対応しており、一括処置と連続処理の両方に構成可能で、逆浸透(RO)膜ろ過技術に基づいて構築されています。どのプロセスを選択しても、AromaPlus テクノロジーによってアルコール分が 0.5 % または 0.05 % ABV まで除去されます。

AromaPlus テクノロジーは、逆浸透膜ろ過を使用して最大 50 hl/hr 以上の供給速度でアルコールを除去する効率的なプロセスであり、あらゆる規模の醸造所に適合し、資本投資、操業コスト、ビールの品質に関する個々の要件を満たします。

フレームが取り付けられ、すぐに設置可能な AromaPlus 装置には、特殊な逆浸透膜、ポンプ、内部配管、定置洗浄(CIP)投与ユニット、および半自動操作用の制御技術を備えたろ過モジュールが搭載されています。装置のレイアウトはモジュール式であるため、ビールのアルコール度数、望みの脱アルコールの度数、およびその他の要素を特定のプロセスに合わせて調整できます。サイズに応じて、AromaPlus 装置は 1 日あたり 50 〜 1.000 hL 以上を一括処理するように設計されていますが、連続処理用の大型脱アルコール装置も利用可能です。

圧力による脱アルコール化

逆浸透は約 10 ~ 15 °C のろ過温度で機能し、ビールに熱応力を与えません。複合膜は水とアルコールを通過させるため、香り、色、濁度を構成する必須成分が保持されます。GEA では、脱アルコール化に元々使用されていた酢酸セルロース膜よりも耐薬品性が高い薄膜高分子膜を使用しています。 

クラフトビールの脱アルコール化

AromaPlus システムは費用対効果も高いため、小規模な醸造所でも、現地での脱アルコール専用プラントへの投資を検討できます。

 

動作パラメータと性能データ

  • 50 hL のバッチ運転から 50 hL/h 以上の連続処理まで対応可能な容量
  • 0.05 % ABV までのアルコール削減 
  • 低い動作温度(約 10 ~ 15 °C)

AromaPlus の概要

  • 単純な計装設備と制御要件を備えたコンパクトなシステム設計 
  • スキッド搭載、配線済みシステム
  • 一括処理または連続生産
  • 簡単操作のタッチスクリーンによる自動制御と視覚化 
  • 清掃が簡単な膜システム
  • 定置洗浄(CIP)投与ユニットと統合された CIP ルーチン
  • 渦巻き形の逆浸透 AromaPlus 膜