真空技術 ガスジェットベンチレータ

ガスジェットベンチレータタイプ gv1 は、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、作業場からの蒸気除去、タンクの換気、空気循環などに使用されます。

当社のジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

ガスジェットベンチレータは以下の目的で使用されます。

  • 作業場や保管場所から、よどんだ空気、悪臭のするガス・蒸気などを取り除く
  • 船上などにあるタンクを換気する
  • 強制送風機またはボイラーバーナー用スタックベンチレータとして
  • 特に繊維産業、皮革産業、タバコ産業における空気循環用
  • 化学工場内の反応容器、撹拌機およびその他の機器を脱気する

運転モード

ガスジェットベンチレータは、最大約 500 mbar の差圧に対して、空気、ガス、蒸気を搬送します。

吸引圧と吐出圧力間の実現可能な差圧は、ガスジェットベンチレータ圧縮となります。

ジェットベンチレータの駆動媒体として、圧縮空気またはガスの代わりに水蒸気または液体を使用することもできます。その場合、スチームジェットベンチレータまたは液体ジェットベンチレータに言及することになります。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置
  • すぐに動作可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料で製造
  • 取得コストが低い

液体ジェットベンチレータとは対照的に、ガスジェットベンチレータまたはスチームジェットベンチレータは、いかなる場所にも設置することができ、より大きな差圧を実現できるという利点を持っています。