噴霧乾燥機 FSD® 噴霧乾燥機

粒度が均一で粗く、凝集/造粒されて流動性の高い無塵の粉末は、ほとんどの業界で高い需要があります。そのような製造の最適な選択肢は FSD® 噴霧乾燥機

噴霧乾燥と流動床乾燥を組み合わせた FSD® 噴霧乾燥機は、凝集/造粒粉末で最適な乾燥効率と最高の製品品質を実現することを目的として設計されています。この設計は、異なる業種に固有な設計で、幅広い食品メーカーと化学物質の製造業者の間で世界的に認められています。

乾燥工程

GEA Niro FSD Dyestyff

FSD® 噴霧乾燥機 は 3 つの乾燥段階により動作し、それぞれの段階は噴霧乾燥工程中に存在する含水量に適合します。

一連のノズルによって、送液/哺乳は霧化され、乾燥室に供給されます。乾燥空気は、高速で空気分散機を介して乾燥室に垂直に入るため、霧化液体との最適な混合を確保します。蒸発は、液滴が乾燥室を通過する際に瞬時に行われます。この乾燥室と空気流は、粒子が乾燥室の壁面に付着するのを防ぐとともに、第 2 段階の乾燥処理が行われる乾燥室底部の一体型流動床に粒子を直接導くように設計されています。最後に、粉末は VIBRO-FLUIDIZER™ 流動床に導かれ、最終乾燥・冷却されます。

乾燥空気は乾燥室の上部から出るため、乾燥空気中の微粒子とノズルから噴霧される霧化濃縮液との衝突時に、極めて明確に定義された二次凝集/造粒が可能になります。排出空気はフィルタを通過して残存粒子を除去します。フィルタから排出された微粒子は、乾燥室に戻り、必要な特定の凝集/造粒に応じて、静的流動床またはノズルベース設備のいずれかに方向付けられます。非造粒粉末の品質が必要な場合、微粒子は VIBRO-FLUIDIZER™ 流動床に導かれます。

追加凝集/造粒
FSD-GRANULATOR™ は、追加凝集/造粒目的で適用することが可能ですが、微細粒子を乾燥室に戻すことによって取得可能な粉末は除きます。この特許取得済みシステムにより、追加液体を定置一体型流動床に添加することができますが、この機能は従来型の噴霧乾燥機では使用できません。利用できる液体は、水、飼料/フィードと同じ成分の液体、融液または各種物質を含む溶液です。