Freezing and cooling systems

製パン・製菓向けの冷却ソリューションと霜取り不要冷凍

GEA は世界的に製パン業界と意見を交換し、クッキー、ケーキ、パイ、パン、およびパストリーの製造要件を満たすさまざまな冷却および冷凍装置を提供しています。

TOR 冷却塔は、焼き工程後にトレイ上で製品を冷却するように設計されています。トレイが階層状になった縦型システムは、従来の長い横型冷却コンベヤに取って代わり、自動積み降ろし機能付きのトレイ保管システムとしても利用できます。

S-Tec と A-Tec のスパイラル冷凍装置および冷却装置は、最適な製品品質を確保し、完全な加工ラインにシームレスに統合できます。さまざまなベルト幅で提供される本システムは、2 段階の冷却および冷凍、革新的凍結管理システムと制御されたエアーバランス、温度および湿度制御を備えています。

GEA の冷却コンベヤでは、その後の加工または梱包の前に、ビスケットや他の製品を周囲温度まで自然に冷却できます。 コンベヤのセットは、建物のレイアウトと設置面積に合わせて設計できます。 

 

保管および冷却塔

GEA の汎用性の高い TOR 貯蔵および冷却塔では、製品が焼かれた後、注入またはデパンニングおよび搬送の前に、製品をトレイ上に格納し、自然に冷却できます。従来の長い冷却コンベヤに取って代わる省スペースの TOR 塔ユニットは通常、GEA Imaforni オーブンからの製品を冷却するために、完全な生産プラントに統合されます。この塔ユニットは、自動積み降ろし機能付きの、トレイ再収集用の保管場所として利用することもできます。

TOR 冷却塔は、製品を冷却するためにオーブンからベーキングトレイが運び入れられる、トレイ保持スロットの昇降層から成ります。 一定時間冷却された後で、トレイは周囲温度での製品充填用の注入システムに直接運ばれるか、または製品が梱包セクションに運ばれる前に、デパンニングユニットに移すことができます。 縦型 TOR 塔システムは、横型冷却コンベヤと比較した場合、生産エリアでかなりのスペースを節約します。

縦型 TOR 塔には 2 つの機能があり、自動トレイ保管、積み降ろし装置としても利用できます。これにより、プラントの電源が切られてから入れられた場合に、トレイを手動で積み降ろしする必要がなくなります。 

GEA は、お客様のプラントの生産能力に合わせて TOR 塔のトレイ収容可能数をカスタマイズできます。 

 

パン・菓子の製造ラインでは製品を焼いた後の冷却は主要工程

GEA は、製品要件を満たすだけでなく、建物や既存の製造ラインのレイアウトに合わせた、自然冷却コンベヤシステムを提供できます。

焼かれた製品は、オーブンから排出されて冷却コンベヤに直接載せられ、コンベヤ上を移動している間に熱を製品から周囲に移す工程が実行されます。 安全な取り扱いと梱包のために製品が十分に冷えるように冷却の制御と製品の水分放散を確実に行う必要があり、冷却はそのための重要な工程です。 

離脱コンベヤ
焼けた製品が冷却コンベヤに移送されるように、通常は離脱コンベヤをトンネルオーブンの後に設置する

通常、ビスケット、クッキー、ケーキ、クラッカーなどの製品は、焼いた後常温で冷ます必要があります。 「チェッキング」を回避するには適切な冷却時間を確保すべきですチェッキングとは、オーブンから出た後、冷却後、梱包後に、焼いた製品が壊れる現象です。 製品のチェッキングを防止するには、製品を慎重に冷まし、さらにオーブンの外部から中心部にかけて低湿度勾配が必要になります。

一部の生のクッキーやビスケットはオーブンから出ても非常に柔らかく、オーブンバンドからはがれにくい可能性があります。 これに対処するには、オーブン工程の後に十分な距離を設けることで、砂糖分の多いクッキー構造が常温で冷えて固まるようにすることが推奨されます。 スペースが限られていてこの事後冷却を常温では実行できない場合は、製品とコンベヤの底部にろ過空気を吹きかければ冷却工程や凝固工程を加速できます。

製品の冷却に必要な時間が長い場合は、カーブとコンベヤの上昇を利用して冷却コンベヤを長くする必要があります。

冷却コンベヤのカーブ
カーブを含む一般的な冷却システムレイアウト
上昇させた冷却コンベヤ
上昇させた冷却コンベヤ

通常、長い冷却コンベヤには、ビスケットやクッキーの移送ポイントが複数存在するため、配列にずれが生じる可能性が高くなります。 このずれが生じると、ライン全体の効率が下がり、製品が落下したりくっついたりすることで破損する可能性があります。 パンや焼き菓子を最高品質に仕上げるには、均一冷却と、慎重に設計された製品搬送が必要になります。 焼いた製品が常温でゆっくりと冷えるようにすることで、製品品質の全体的な寿命が最大限に引き出されます。