流動床乾燥機および冷却器 流動床乾燥機 (静的)

制御された表面および境界水分の除去

流動床乾燥機および冷却器

流動床乾燥機または冷却器で処理された材料は、空気またはガスのクッション上で浮遊します。プロセスエアは、穴のあいた分配プレートを介して床に供給され、粒子の重量を流動状態で支えるのに充分な速度で固体の床を流れます。材料の流動床内で泡ができてははじけ、粒子の激しい動きが促進されます。この状態のとき、固体は自由に流れる沸騰液のように振る舞います。個々の粒子と流動化ガス間の接触が密接に行われるため、非常に高い熱と物質移動速度が得られます。

設計

高温流動床
高温流動床

分配プレートの設計により、流動化ガスは床面積全体に均等に分散されます。ガスの速度は非常に微細な材料のみが集塵装置には送られるように設定されます。生産能力の高ターンダウン比が可能で、供給率の変動は簡単に吸収されます。ほとんどの場合、製品と接触する可動部分はありません。

設計のバリエーションは次のとおりです。

  • 攪拌流動床
  • ディープ流動床
  • 高温流動床
  • コンタクトチューブとプレート
  • 複数のゾーンと段階
  • 統合型乾燥/冷却
 

機能

  • 滞留時間の延長が可能
  • 乾燥 / 冷却ガスと製品の密接な接触
  • 複数のゾーン、速度、温度、乾燥と冷却
  • 簡単に取り外し可能な床板のオプション
  • 開回路、部分ガスリサイクル、および SSD 向けに設計可能
  • 栓流または十分な混合
  • 長手または拡張天蓋付き設計も可能
  • 滞留時間および温度の柔軟性
  • レンガ、キャスタブル、金属ライニングが施された洗浄可能な耐火物質
  • 最大 90% の熱負荷はディープ流動床内の接触熱交換チューブを設置することで供給 / 除去できます。

利点

  • 粉末、結晶または細粒材の表面および境界水分の除去に最適
  • 優れた熱効率
  • 広範囲に渡る材料、粒子径分布、材料凝集性に対応可能
  • すばやく交換でき、シャットダウン時間と保全要件の最小化が可能なため特にサニタリ仕様において有用
  • 省エネルギーおよびシステム統合を実現
  • 栓流は特に長い滞留時間を要する比較的厳しい水分仕様の製品に最適
  • エルトリエータとして使用または過剰な持ち越しを回避
  • ターンダウンが要求される場合に有用
  • 非感熱性製品向け高温インレットにより資本費用と運転費用を削減
  • 気流とプラントサイズを削減し、コスト、排出量、電力消費を改善

プロセスフロー図

静的流動床
静的流動床