メニュー

流動床

流動床技術は、GEA の中核技術です。当社では、食品乳製品、化学物質、および医薬品分野における用途のために、複数の異なるタイプの流動床ユニットを提供しています。いずれも、粒子 (粉末、凝集体、またはペレット) の乾燥や冷却、および微粉から凝集体および顆粒を製造する際に適用されます。

医薬品固体製剤形の流動床加工

50 年以上、GEA はブレンド、造粒、乾燥、ペレット化、コーティングを行う高度な流動床加工プラントを医薬品産業に提供してきました。これには研究開発用に設計された小容量システムおよび cGMP (Current Good Manufacturing Practices: 現行医薬品適正製造基準) 条件下の医薬化合物のバッチ生産のための産業規模プラントが含まれます。

造粒、乾燥、ペレット化、およびコーティング

実績のある標準構成部品を使用し、GEA はプラント設計をシンプルかつ柔軟にしています。ユーザが選択したプロセスモジュール、フィルタ、管理システム、およびエア調合装置はお客様のプロセス要件を正確に満たすシステムの中に組み合わせることができます。このモジュール方式によって資格認定および検証手順が最小限にされます。

プロセスの強化

現行医薬品適正製造基準では、オペレータと環境を保護するために処理の間の製品の完全な封じ込めを要求されることが多くなっています。統合プロセスシステムは封じ込めを提供するだけではなく、自動化による生産性の向上、産出量の増加、効率的な浄化手順も提供します。

WIP および CIP: プロセスの最適化は効率的で効果的な洗浄にかかっています。洗浄プロセスの自動化によって再現性が確保され、検証が可能になり、ダウンタイムが最小限になります。全てのプロセスプラントは、取り外して洗浄する必要がないプロセスフィルタを持つ、基本的な WIP (wash-in-place: 定置洗い) システムまたは全自動の CIP (clean-in-place:定置洗浄) とともに提供できます。 

製品排出: 自動製品排出について、Non-Sifting Gill Plate™ 空気分配装置技術とともに使用する空気輸送方式または重力ベースのシステムが利用できます。さらに、標準製品と壊れやすい粉末については、GEA Pharma Systems の希薄相輸送システムを使用した迅速な排出ができます。空気分配装置の上と下からの気流を利用して乾燥細粒を非常に効率的な方法で排出するので、受け容器を負圧下に置く必要がなくなります。 

加工装置

プロセスの柔軟性を最大にするために、GEA は、単一の流動床装置のほか、交換可能なモジュールを持つ Multi-Processor™ システム、もしくは複数の作業を 1 つの装置に組み合わせる FlexStream™ 流動床処理装置を提供することができます。GEA には製剤、プロセス開発、臨床材料の生産からフルスケール生産までに適合する一連の流動床処理装置があります。     

当社の加工装置の全範囲はシステム統合を念頭に置いて設計されています。流動床乾燥機およびコータはトップドライブおよびボトムドライブ高剪断力混合造粒機、湿式および乾式製粉設備、製品処理システム、バインダおよびコーティング調合装置、ろ過装置と組み合わせることができます。最適なプロセス効率を実現する、安全性、封じ込め、製品フローおよび建設要件が設計されています。

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ