メニュー

流動床

流動床技術は、GEA の中核技術です。当社では、食品乳製品、化学物質、および医薬品分野における用途のために、複数の異なるタイプの流動床ユニットを提供しています。いずれも、粒子 (粉末、凝集体、またはペレット) の乾燥や冷却、および微粉から凝集体および顆粒を製造する際に適用されます。
当社の流動床プラントはすべて、当社クライアントに固有な目的のために設計され、業界に固有な基準および要件に適合しています。いずれも実績のある技術に基づいており、最新の技術開発が関係しています。

詳細な用途はともあれ、流動床は空気またはガスのクッション上に浮遊しているときに製品を処理するよう設計されています。プロセスエアは、穴のあいた特殊な分配プレートに供給され、粒子の重量を流動状態で支えるのに充分な速度で固体の床を流れます。材料の流動床内で泡ができてははじけ、粒子の激しい動きが促進されます。この状態のとき、固体は自由に流れる沸騰液のように振る舞います。

固体との親密な接触および各粒子と流動化ガス間の速度差の結果として、非常に高い熱と物質移動値が得られます。

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ