真空技術 乾燥濃縮真空システム

効率的で環境にやさしくクールなシステム

GEA は冷凍駆動乾燥濃縮(DC)真空システムを開発しました。これは凍結濃縮システムとしても知られており、油脂脱臭処理の一部として蒸気を除去するための従来の「湿潤」真空システムに代わる、環境にやさしく費用対効果の高いシステムです。

食用油の製造において、油の脱臭は重要な下流プロセスであり、大量のストリームを利用して、加熱された油から遊離脂肪酸とその他の揮発性成分を剥離します。油の脱臭は高真空下で実行されますが、蒸気除去に使用されている従来の「湿潤」真空処理では、ストリームエジェクタを使用して熱交換器内の圧力を上昇させて蒸気を圧縮します。このプロセスは、ストリームに無駄があり高い管理コストがかかります。

一方 DC 技術では1~3ミリバールの圧力で油脱臭を実行できるので、従来の「湿潤」真空システムと比較すると、必要なエネルギーは従来の10~20%以下、必要な水は従来のわずか0.1%にすぎません。当社の DC システムを使うことにより、ストリーム排出処理のコストを従来の数分1におさえられるので、通常は約3年以内に投資利益を達成できます。

5.8ミリバールの三重点を下回る圧力で維持すると、水が蒸気と氷の2段階に分かれて存在します。この直接濃縮技術は低圧・低温に適しており、水蒸気を濃縮して、液体段階を経ることなく直接氷にすることができます(凝華現象)。GEA の DC システムを使用すると、解凍後に生じる濃縮水を少量に抑えることができるので、廃水処理関連コストを削減できます。油から分離してストリームに入った汚染物質を、少量でも簡単に分離することができます。

GEA の水平スリー冷却器フォーマットと均一凍結用特殊プロセスバルブの組み合わせは、真空状態を維持するための重要な要素であり、信頼性が高くトラブルのない連続稼働の確保に役立ちます。当社のシステムは、既存のプラントに組み込むことができ、新規設備の一部として設定することもできます。

GEA は乾燥濃縮圧力技術の分野において50年以上の経験を積んでおり、世界中の大手加工業者へ70以上の設備を納入してきました。プラントの用途は、食用油の脱臭、脂肪酸の蒸留や分別、水の凝華(凍結乾燥)、グリセリンの蒸留、真空による水蒸気の除去など多岐に渡ります。

GEA プラントは、頑丈で再現性がありトラブルのない処理を使用初日から実現できるように構築されています。熟練した GEA のプロジェクトマネジメントチームが、初期設計段階から最終的な導入およびテストに至るまで、お客様のプロジェクトを円滑に進めます。さまざまな総合サービスとプラントアップグレードプログラムを取りそろえており、お客様のライフスパン全体に合わせてプラントのパフォーマンスのサポート、維持、最適化を行います。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。