蒸留技術 カールスルーエ R&D センターの蒸留試験施設

異なる蒸留・精留システムでは、様々なラボやとパイロットプラントが利用可能です。

最先端のパイロットプラントとテストベンチを備えた当社の R&D センターは、蒸留技術分野での試験用機器が十分に用意されています。

ほとんどのパイロットプラントは移動可能なので、お客様の施設で試験を実施することも可能です。その場合、プラントはリモートコントロールシステムで制御および監視できます。プロセスデータの記録や電子的な処理ももちろん可能です。

当社のラボは、粘度、沸点上昇、熱伝導率、乾物などの重要な物理特性を特定・分析するように設計されています。

また、GC および HPLC を使用した当社の分析研究室では、製品組成を特定することもできます。

当社は、最新のソフトウェアとハードウェアを使用してプラントの運転動作をシミュレートし、お客様の仕様に合わせて設計します。特定したプロセスパラメータと物質特性は直接、当社プラント設計で使用されます。

 

次のパイロットプラントが試験にご利用いただけます。

  • 連続発酵/バッチ発酵のための発酵プラント
  • 電気加熱による充填塔またはシーブトレイを装備した初回評価のためのガラス蒸留塔 DN50
  • 直接蒸気加熱または自然循環蒸発器のいずれかが搭載された、主に発泡の観察と高粘性製品処理のためのステンレス鋼製シーブトレイを備えたガラス蒸留塔 DN100
  • ランダム充填またはトレイ (シーブトレイと Thormann トレイ) と直接蒸気加熱が搭載された移動式ステンレス鋼塔 DN250 - 既存の流下膜式蒸発器でも加熱可能 (ATEX)
  • 熱媒油による強制循環蒸発器での最高 300 ℃ までの温度に最適な定置型ランダム充填塔

上述のシステムと、様々な技術 (例えば、膜ろ過、蒸留、蒸発、遠心分離、デカンタ、乾燥機など) で構成されるプロセスラインの配置の組み合わせ