蒸留技術 脱水・精製

GEA は共沸点以上の濃度を達成するために 3 つの方法を適用します。

精留による実現可能な濃度よりも優れた製品純度が要求される場合、以下の技術の一つが動作します。分子ふるい技術、共沸剤を用いた蒸留技術、膜処理技術 (パーベーパレーションと蒸気浸透)。

GEA の分子ふるいまたは吸着技術は、エタノールなどの脱水を実現する低エネルギープロセスです。

過熱アルコール/水混合物はゼオライト床を通過し、それはより大きなアルコール分子がゼオライト床を通過する際に小さな水の分子を制御します。

GEA は、連続バッチモードで動作する吸着容器 3 個を標準付属品として同梱します。第 1 容器は吸着モードで動作し、第 2 容器は再生モードで動作します。第3 容器はゼオライトの長寿命を確保するために、2 つのモード間のスムーズな切り替えを可能にします。第 3 容器の別の利点は、蒸気が凝縮されるリボイラの 1 つに一定のエネルギー入力をもたらす蒸留塔への無水エタノール蒸気の一定の流れです。

しかしながら、2-容器コンセプトも多段階蒸留プラント内で実証されていますが、3-容器コンセプトと同じ一定条件を達成していません。

 

この 共沸剤を用いた GEA の蒸留技術蒸留は、混合物の共沸点以上の濃度を実現したり、2 つの非常に類似した挙動を示す化合物の混合物を提供するための第 2 の技術です。

一例としては、IPA/水混合物の共沸蒸留が挙げられます。シクロヘキサンがその混合物に加えられ、水を使用して新しい共沸混合物を作り出します。この新しい共沸混合物は精留可能であり、ヘッド生成物として排出されます。脱水された IPA は塔底から排出されます。共沸剤回収プロセスで、水はシクロヘキサンから分離されます。共沸剤技術の第 2 用途は抽出蒸留であり、化合物の混合物に従って適切なプロセスと共沸剤を定義する必要があります。

GEA パーベーパレーションと浸透技術の核心は親水性膜技術です。親水性膜の一側に真空が作り出され、異なる膜通過拡散抵抗と異なる分圧が分離基盤となります。