真空技術 スチームジェットと LRVP システムの組み合わせ

スチームジェットシステムと LRVP (液体リング真空ポンプ) システムの組み合わせは、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、真空生成・維持のために使用されます。

当社のスチームジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

ジェット真空ポンプは、蒸発器、乾燥機、蒸留・精留プラント、および凍結乾燥、重縮合、脱気・脱臭プロセスで真空生成・維持のために使用されています。

この種類の機器は、基本的にはジェットポンプと凝縮器で構成されるか、液体リング真空ポンプなどの他の真空ポンプと組み合わせで構成されます。

運転モード

一般的に、多段階真空ポンプは 100 mbar 未満の吸引圧に使用されます。エネルギーの最も有効に活用するため、駆動媒体と縮合可能な化合物は 2 つの段階間で凝縮されます。

その凝縮圧力は、冷却媒体の温度と駆動媒体の特性によって異なります。お客様が水蒸気を駆動媒体として使用する場合、または 25℃ の冷却水を利用できる場合、この圧力は約 60 mbar となります。

吸引媒体による冷却媒体汚染の可能性を回避するため、通常、中間凝縮器として表面凝縮器を使用することが望ましいでしょう。

 

利点

  • シンプルな構造
  • 安全な運転
  • 損耗が少なく、最低限の保守
  • 適切な材料が選択された場合、高い耐腐食性
  • 本機に必要なすべての部材を同梱
  • 吸引流量 10 m3/h ~ 2,000,000 m3/h で使用可能
  • 最大 0.01 mbar (絶対値) の真空度に対応
  • 水蒸気または他の蒸気駆動型、蒸気圧範囲は _ atm ~ _ atm
  • 機械式真空ポンプと組み合わせ可能